鹿島:現場のCO2排出量が分かる「現場deエコ」

 工事現場では、建設機械や工事用車両、仮設照明などから多くのCO2を排出している。しかし、CO2排出量を定量的に把握することは難しかったため、これまではCO2排出量の削減目標の設定や、計画の立案が難しかった。

 そこで鹿島は、工事現場用のCO2排出量削減管理ツール「現場deエコ」を開発した。現場の施工数量を基に標準的なCO2排出量を算定し、大きく影響している資機材などを特定する。

 このデータを基にCO2排出量を削減できる重機や工法に置き換えることで、対策前後の排出量を比較しながら、工事の実施計画を立てることができる。

「現場deエコ」の画面イメージ(資料:鹿島)
「現場deエコ」の画面イメージ(資料:鹿島)

 CO2排出量削減技術のメニューには、重機の省燃費運転や人感センサーによる照明制御、発電機能付き工事用エレベーター、そして太陽光発電パネル「現場deソーラー」などが用意されている。

 例えば、工事現場のCO2排出量のうち、仮設照明の白熱灯が占める割合が大きかった場合、LED照明に置き換えるとどれだけ排出量が削減できるのか、といったことがすぐに分かる。

 省エネ計画を立てた後は、これらメニューに基づいてCO2排出削減活動を行った結果も定量的に把握できるようになっている。これをデータベース化することで、工事規模や種類別の削減実績の集計・分析ができる。

CO2排出量の削減対策がメニュー化され、効果を定量的に評価できる(資料:鹿島)
CO2排出量の削減対策がメニュー化され、効果を定量的に評価できる(資料:鹿島)

 鹿島は施工段階でのCO2排出の要因と対策効果を把握することを目的に、実際の建設現場でCO2排出の詳細なモニタリングや、排出量削減技術の検証を実施し、分析データを蓄積してきた。「現場deエコ」には、そのノウハウが込められている。

 このシステムは、同社のイントラネット上の施工管理ツールに加えられた。そのため、全国の工事現場で簡単に使うことができる。

 鹿島は今年3月に「鹿島環境ビジョン:トリプルZero2050」という長期計画を立てた。「低炭素」「資源循環」「自然共生」という3本柱からなっており、2050年までに自社活動と提供する建造物からの温室効果ガス排出ゼロを目指している。