岩崎電気:LED照明の交換時期が分かる「eLscope」

 道路トンネルでも、電力の消費量が少なく寿命が長いLEDランプによる照明が導入されている。そこで新たに浮上したのは、LEDランプをいつ交換するかという問題だ。

 従来の電球や蛍光灯などは寿命になると点灯しなくなるので、すぐに発見して交換できた。しかし、LEDは突然消えることはなく、徐々に暗くなるので、寿命が近づいても発光し続ける。そのため、いつ交換したらいいか肉眼ではなかなか分からなかったのだ。

 こうした問題の解決に使えるのが、10月2日に岩崎電気が発売した路面輝度測定システム「eLscope (エルスコープ)」だ。クルマに市販のビデオカメラを積み、トンネル内などを走行しながら撮影した動画を「eLscope」というソフトで解析して、路面輝度を簡易的に測定するほか、路面輝度分布や平均路面輝度グラフの作成を行える。

 このシステムで定期的にトンネル内の明るさを測定し、グラフ化すると、LEDランプの明るさが月日とともに変化することが分かる。一定の輝度以下になったら、LEDランプの交換時期だと判断できる。

 LEDランプの点検のために、交通規制のバリケード設置や交通誘導員の配置が不要となり、作業もスピーディーかつ安全になるというわけだ。

トンネル内の作業はビデオカメラ積んだクルマを運転するだけ(写真:岩崎電気)
トンネル内の作業はビデオカメラ積んだクルマを運転するだけ(写真:岩崎電気)

データ処理の流れ。車載ビデオの動画をeLscopeで画像処理して路面輝度を算出し、グラフや数値データとして出力する(写真:岩崎電気)
データ処理の流れ。車載ビデオの動画をeLscopeで画像処理して路面輝度を算出し、グラフや数値データとして出力する(写真:岩崎電気)

路面輝度の分布イメージ(上)と経年劣化による明るさ減少のイメージ(下)。1年前(青線)に比べて半年前(赤線)は全体的に暗くなっていることが分かる(写真:岩崎電気)
路面輝度の分布イメージ(上)と経年劣化による明るさ減少のイメージ(下)。1年前(青線)に比べて半年前(赤線)は全体的に暗くなっていることが分かる(写真:岩崎電気)

 トンネルや道路などのCIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)モデルに、このシステムで計測した輝度データなどをひも付けすると、路面の沈下や舗装の劣化などの情報とともにCIMで一括管理できそうだ。

家入龍太(いえいり・りょうた)
1985年、京都大学大学院を修了し日本鋼管(現・JFE)入社。1989年、日経BP社に入社。日経コンストラクション副編集長やケンプラッツ初代編集長などを務め、2006年、ケンプラッツ上にブログサイト「イエイリ建設ITラボ」を開設。2010年、フリーランスの建設ITジャーナリストに。IT活用による建設産業の成長戦略を追求している。
家入龍太の公式ブログ「建設ITワールド」は、http://www.ieiri-lab.jp/ツイッターやfacebookでも発言している。