PR

BIM3.0を実現するのは経営者の手腕だ

 建築設計事務所や建設会社では、BIMの活用技術については、BIM 2.0の段階においては相当なレベルに達したものの、BIMで売り上げや利益を増やす方法に悩んでいる例が多い。

 従来のワークフローや分業体制でBIMを活用しても効果は限定的だ。建設業でBIMを活用するための原資となるのは、やはり施工段階に潜むムダ取りなので、特に設計事務所についていえば、施工段階のサービスに踏み込まざるを得ないのではないか。

 例えば施工が物理的に可能であることを保証できるほど、干渉チェックや施工性の検討を行ったLOD(設計の詳細度)の高い図面を、設計部門をなくしたローコストな施工専門会社に高い値段で売る、というようなビジネスだ。

 こうした思い切ったワークフローやビジネスモデルの変革を実現するには、人事や組織の改編、建築ビジネスにおいて自社が提供するサービスの内容、そして顧客の再定義などが必然的に伴うので、経営者が主導的に行う必要がある。

 BIM1.0、2.0はBIMの技術的な問題だった。しかし今こそ、経営者の手腕や思い切った経営戦略でBIM3.0への飛躍を実現するべきときではないだろうか。

 海千山千の企業が他業界から低コスト、短工期の新しいビジネスモデルをひっさげて、建設市場に参入してきたとき、既存の建設業が対抗もしくは協業するためには、BIM3.0の実現が欠かせないと思うからだ。

家入龍太(いえいり・りょうた)
1985年、京都大学大学院を修了し日本鋼管(現・JFE)入社。1989年、日経BP社に入社。日経コンストラクション副編集長やケンプラッツ初代編集長などを務め、2006年、ケンプラッツ上にブログサイト「イエイリ建設ITラボ」を開設。2010年、フリーランスの建設ITジャーナリストに。IT活用による建設産業の成長戦略を追求している。
家入龍太の公式ブログ「建設ITワールド」は、http://www.ieiri-lab.jp/ツイッターやfacebookでも発言している。