PR

東京五輪とBIMをターゲットに世界初のマシンを発売

 BIMソフトを動かすための高性能ワークステーションや、大判インクジェットプリンターなどを展開する日本ヒューレット・パッカードは、10月3日、東京・秋葉原で新製品発表会を開催した。

 その目玉となったのが、ワークステーションとしては世界で初めて「ウルトラブック」という小型軽量ノートパソコンの規格に準拠した「Z Book 14」だ。

 これまでのモバイルワークステーションは軽い製品でも2kgを大きく超えていたが、「Z Book 14」はわずか1.7kg。女性でも3本の指で軽々と持つことができるにもかかわらず、CPUにはインテル CORE i7vProプロセッサー、グラフィックボードには最新のAMD FirePro M4100、液晶モニターには14インチ(1920×1080ドット)のアンチグレアパネルを標準装備している。

世界初のウルトラブック型ワークステーション「Z Book 14」を披露する米国ヒューレット・パッカード社ワークステーション事業部マーケティングディレクターのジョシュ・ピーターソン氏(左)。女性でも3本の指で軽々と持てる(右)(写真:家入龍太)
世界初のウルトラブック型ワークステーション「Z Book 14」を披露する米国ヒューレット・パッカード社ワークステーション事業部マーケティングディレクターのジョシュ・ピーターソン氏(左)。女性でも3本の指で軽々と持てる(右)(写真:家入龍太)

 この新製品発表会は、全業種を対象にしたものだが、メーンターゲットは建設・土木業だった。

 日本では2020年の東京オリンピック開催が決まり、今後、BIMやCIMを使ったプロジェクトが増え、設計などにハイスペックなワークステーションのニーズが増えると同社は期待している。

「2020年東京オリンピック需要を取り込め!建築・土木にワークステーション」と題して講演する日本ヒューレット・パッカード ソリューション製品本部本部長の小島順氏(写真:家入龍太)
「2020年東京オリンピック需要を取り込め!建築・土木にワークステーション」と題して講演する日本ヒューレット・パッカード ソリューション製品本部本部長の小島順氏(写真:家入龍太)

ワークステーション需要のターゲットはBIMとCIMだった(資料:日本ヒューレット・パッカード)
ワークステーション需要のターゲットはBIMとCIMだった(資料:日本ヒューレット・パッカード)

 ウルトラブック型ワークステーションが投入されたのもワークステーションを現場に持ち出す機会が多い建築・土木分野を狙ってのことだ。もちろん、「Z Book 14」もBIM/CIM用のソフトがサクサク動く仕様になっている。

 “日本のBIM元年”と言われた2009年から、早くも丸5年がたとうとしている。当時は欧米に比べて日本のBIM活用は質、量ともに後れを取っていた。しかし、海外から導入したものを改良し、さらに使いやすくしていくのが日本の伝統芸だ。BIMやCIMもこの流れに沿った活用法の進化が見え始めた。

 例えば、属性情報と3D情報を別々に管理し、従来の施工管理手法と連携させることにより、現場全員がBIM/CIMのワークフローに参加できるような活用方法だ。

 それは、自動車業界や家電業界などの製造業が数十年前にたどり、世界市場を席巻するほどの実力を付けた過程と似ているとも言える。海外ベンダーからも注目を集め始めた日本のBIM、CIM活用力は今後、海外市場でその真価が試されることになりそうだ。

家入龍太(いえいり・りょうた)
1985年、京都大学大学院を修了し日本鋼管(現・JFE)入社。1989年、日経BP社に入社。日経コンストラクション副編集長やケンプラッツ初代編集長などを務め、2006年、ケンプラッツ上にブログサイト「イエイリ建設ITラボ」を開設。2010年、フリーランスの建設ITジャーナリストに。IT活用による建設産業の成長戦略を追求している。
家入龍太の公式ブログ「建設ITワールド」は、http://www.ieiri-lab.jp/ツイッターやfacebookでも発言している。