住宅を丸ごと3Dプリンターで! 米大学が工法を開発中

 スリップフォームが先端についたヘッド(左)。工法のノズルは壁の中にトラス状の補強材を造形するのに使用する(右)(写真:南カリフォルニア大学、Berok Khoshnevis)
スリップフォームが先端についたヘッド(左)。工法のノズルは壁の中にトラス状の補強材を造形するのに使用する(右)(写真:南カリフォルニア大学、Berok Khoshnevis)

カーソルキー(←/→)でも操作できます