PR

スリーブ入れ忘れを防ぐ機能が進化

 鉄骨や鉄筋コンクリート部材の施工図を作成するソフトでは、最近、意匠設計や設備のBIMソフトとの連携により、スリーブを確実に設ける機能が充実してきた。

 例えば、鉄骨や鉄筋コンクリート部材の詳細設計を行うBIMソフト、「Tekla Structures」(テクラ)は、「Rebro」(NYKシステムズ)や「CADWe’ll Tfas」(ダイテック)などの設備用BIMソフトで設計したデータを「IFC形式」によって取り込み、配管やスリーブの位置、直径などの正確な情報を取り込み、スリーブと補強筋を一括で施工図を作成することが可能だ。

「Tekla Structures」のスリーブ設計機能(資料:テクラ)
「Tekla Structures」のスリーブ設計機能(資料:テクラ)

 また、片山ストラテックの鉄骨構造物専用CAD「KAPシステム」は、設備設計用BIMソフトの「Rebro」や「CADWe’ll Tfas」、「S-CAD」(新菱冷熱工業)、「CADEWA」(四電工)と、CSV形式によってそれぞれデータを双方向で交換し、設備工事会社が必要とするスリーブの位置を鉄骨の施工図に反映できるようにしている。

 「鉄骨にはフランジからの距離や位置によってスリーブを設けられない部分がある。鉄骨専門会社はKAPシステムで設計した鉄骨の3Dモデル上にスリーブを設けられる部分に色を付けて、設備工事会社の設計者にデータを提供する。設備工事会社はこの3Dデータをその指示に従って配管や配線などを設計し、鉄骨上にスリーブ位置を書き込み、再び鉄骨施工会社にデータを戻す。すると施工図上に設備工事会社が要望するスリーブ位置が自動的に反映される仕組みだ」と片山ストラテック鉄構システム部長の熊谷和彦氏は説明する。

KAPシステムで作った鉄骨の詳細3Dモデル。設備工事会社に渡すためにスリーブを設置できない部分を赤色で示している(資料:片山ストラテック)
KAPシステムで作った鉄骨の詳細3Dモデル。設備工事会社に渡すためにスリーブを設置できない部分を赤色で示している(資料:片山ストラテック)

設備工事会社で入力されたスリーブ位置を反映された3Dモデル。梁のところどころにスリーブ用の円形部材が見える(資料:片山ストラテック)
設備工事会社で入力されたスリーブ位置を反映された3Dモデル。梁のところどころにスリーブ用の円形部材が見える(資料:片山ストラテック)

スリーブ位置を反映した鉄骨の詳細図(資料:片山ストラテック)
スリーブ位置を反映した鉄骨の詳細図(資料:片山ストラテック)

 アーキテックのシミュレーション型鉄筋積算システム「鉄之助ソリッド」は、BIMソフトとの連携機能はないものの、梁にスリーブの位置を指定すると貫通穴周辺の補強筋を自動配筋する機能を持っている。

「鉄之助ソリッド」のスリーブ周辺の自動配筋機能(資料:アーキテック)
「鉄之助ソリッド」のスリーブ周辺の自動配筋機能(資料:アーキテック)

 設計段階から引き継いだBIMモデルを基に施工図をつくっても、施工段階で新たにBIMモデルを立ち上げて施工図をつくっても、BIMソフトを使う限り、前述の干渉チェック機能によってスリーブの入れ忘れといった基本的なミスはまず起こらないのだ。