PR

30cm立方を造形できる低価格3Dプリンター

 低価格の小型3Dプリンターで作れる模型の大きさは、せいぜい200mm立方程度のものがほとんどで、建築や土木の模型を作るにはやや小さめだ。

 本体寸法は幅680×奥行き750×高さ700mmと一般的な小型機種より一回り大きいものの、幅300×奥行き300×高さ300mmの模型がつくれるのが、ムトーエンジニアリングが今年5月に発売する「MF-2000」だ。価格も45万円(小売り希望価格・税別)で収まっている。

300mm立方の造形エリアを持つ低価格3Dプリンター「MF-2000」(写真:ムトーエンジニアリング)
300mm立方の造形エリアを持つ低価格3Dプリンター「MF-2000」(写真:ムトーエンジニアリング)

 この3Dプリンターは、ムトーエンジニアリングが独自に開発したもので、今年1月に発売し、3月末までに550台を受注したパーソナル用3Dプリンター「MF-1000」に続く第2弾の機種だ。

 造形用の材料を噴出するヘッドを2個搭載しているので、異なる材料を組み合わせて造形できる。造形用の材料(フィラメント)は、ABS樹脂とPLA樹脂の2種類があり、それぞれ9色。フィラメント径は1.75mmと3mmの2種類が用意されている。

 建物の開口部などを造形するときに使うサポート材には、温水で溶けるPVA(ポリビニールアルコール)を含め、様々な材料が使えるようになっている。

 「MF-1000」と同様に本体の剛性を高めたため、X、Y、Z軸のズレが小さく、0.1mm単位の高解像度造形ができる。ヒーター付き成型テーブルを装備しており、樹脂の急激な温度変化による収縮や反りを抑えたり、ヘッド部分にダブル冷却ファンを搭載して素材の定着を早めたりする機能を備えている。

 MF-2000は趣味で使う個人から仕事で使う技術者までを想定ユーザーとしており、初年度は5億円の売り上げを見込んでいる。

4月16日~19日、インテック大阪で開催された金型分野の展示会、「インターモールド2014」に参考出品された「MF-2000」(写真右)。左は先行機種の「MF-1000」だ(写真:土肥英明氏)
4月16日~19日、インテック大阪で開催された金型分野の展示会、「インターモールド2014」に参考出品された「MF-2000」(写真右)。左は先行機種の「MF-1000」だ(写真:土肥英明氏)