PR

日本全国の立体地図を3Dプリンターで作成できるサイト

 3Dプリンターが低価格化するなか、模型を造形するための3Dデータの提供も活発になっている。国土地理院が3月19日にオープンした「地理院地図3D」サイトは、WEBブラウザーがあれば日本全国の地図を3Dで見られる。公開直後はアクセスが殺到し、3Dプリンター用のデータがダウンロードしにくいほどの人気だった。

大人気の「地理院地図3D」サイト(資料:国土地理院)
大人気の「地理院地図3D」サイト(資料:国土地理院)

神戸沖から六甲山を眺めたところ(資料:国土地理院)
神戸沖から六甲山を眺めたところ(資料:国土地理院)

 このサイトの売り物は、好きな範囲の地図の3Dデータを「STL形式」などでダウンロードし、3Dプリンターで立体地図を簡単につくれることだ。

 これまで、立体地図をつくろうとすると、地図をボール紙などに印刷し、等高線に沿って用紙を切断して、1枚1枚張り重ねていく必要があったが、これからは3Dプリンターでつくるのが主流になりそうだ。

3Dプリンターで造形中の立体地図(資料:国土地理院)
3Dプリンターで造形中の立体地図(資料:国土地理院)

完成した立体地図(資料:国土地理院)
完成した立体地図(資料:国土地理院)

 国土地理院は、航空写真を真上から見たように調整した「オルソ画像」などを「地理院タイル」として公開している。この画像データを3Dモデリングソフトなどで立体地図に張り付けて、フルカラータイプの3Dプリンターで造形すると、様々なテーマの立体地図をつくることができる。

昨年の台風により被災した伊豆大島の被災状況を表した立体地図(写真:国土地理院)
昨年の台風により被災した伊豆大島の被災状況を表した立体地図(写真:国土地理院)

 データを利用する上での許諾は、国土地理院が公開している「地理院タイル」の利用規約に準ずる。私的利用や社内での利用、自治体などに提出する資料としての利用については特に承諾はいらず、無料で使える。