PR

重すぎる点群データを賢く間引き:3D点群処理システム「X-POINT」(福井コンピュータ)

 点群データをBIMやCIMで建物や土木構造物を設計していくための"3D下絵"として活用するケースが増えてきた。その際、数億点にものぼることもある点群データをパソコンでスムーズに扱うためのノウハウも重要だ。

 国産CADベンダーの福井コンピュータは、点群データを"サクサク"扱うための新製品、3D点群処理システム「X-POINT(クロスポイント)」を10月7日に発売する。

3D点群処理システム「X-POINT」の画面(資料:福井コンピュータ)
3D点群処理システム「X-POINT」の画面(資料:福井コンピュータ)

 数億点もの点群データをBIMやCIMソフトに読み込むと、動作がぐっと重くなる。そこで「X-POINT」では、付属の「基本フィルター」とオプションの「高性能フィルター」により、点群データから効率的に不要な点群を間引きしてデータ量を減らし、設計業務に使いやすく加工する。

 点群が密集しすぎている部分だけを自動的に間引きして、全体的に均一の密度の点群データにする「近傍点フィルタリング」や、たまたま点群に写り込んでしまった虫や鳥などの不要点を消す「ノイズフィルタリング」などを備えている。

 このほか、点群から樹木を削除して地表面だけを残す処理を行う「地表面フィルター」も用意されている。

地上の構造物などが写っているもとの点群データ(資料:福井コンピュータ)
地上の構造物などが写っているもとの点群データ(資料:福井コンピュータ)

フィルターをかけて地表面のデータだけを残した点群データ(資料:福井コンピュータ)
フィルターをかけて地表面のデータだけを残した点群データ(資料:福井コンピュータ)

 標準機能として点群に三角形の面を張る「TIN」データ作成機能も備えているほか、点群データ付きビューワーを作成することもできる。

 このビューワーを相手に渡せば、点群データを読み込めるBIM/CIMソフトがなくても、点群をパソコンで開いて見ることができる。

 「X-POINT」の価格は、基本部(表示、編集、基本フィルター、TIN作成などの機能付き)が70万円(税別)、オプションの高性能フィルター(自動、ノイズ、近傍点、地表面など)が30万円(税別)だ。

         *          *          *

 現況の地形や建物などBIMやCIMのモデルにする際、3Dレーザースキャナーで点群データにして丸ごと記録しておくのは生産性を高めてくれる方法だ、面倒な現場での計測作業が大幅に減り、必要な部分の寸法を快適な室内でいつでも計測できるので、測り忘れや再計測の手戻りがなくなる。

 今回、取り上げたソフトや測量機器以外にも、点群をBIM、CIMで活用できる様々なシステムが市販されている。また、3Dレーザースキャナーのレンタル会社や計測を請け負う測量会社も増えている。

 設計と測量の壁を取り払い、より効率的な建設ワークフローを実現するためにも、設計者は点群データを有効活用していくべきではないだろうか。

家入龍太(いえいり・りょうた)
1985年、京都大学大学院を修了し日本鋼管(現・JFE)入社。1989年、日経BP社に入社。日経コンストラクション副編集長やケンプラッツ初代編集長などを務め、2006年、ケンプラッツ上にブログサイト「イエイリ建設ITラボ」を開設。2010年、フリーランスの建設ITジャーナリストに。IT活用による建設産業の成長戦略を追求している。
家入龍太の公式ブログ「建設ITワールド」は、http://www.ieiri-lab.jp/ツイッターやfacebookでも発言している。