PR

トプコンソキアポジショニングジャパン 白河トレーニングセンタ(福島県西郷村)
BIM/CIMと情報化施工を融合した教育施設

 現場を3Dレーザースキャナーで計測してBIM/CIMのモデルを作ったり、BIM/CIMのモデルを3Dマシンコントロールと連携させて現場を造成したりといった、BIM/CIMと情報化施工の両方を理解し、活用できる人材へのニーズが高まっている。

 こうした流れに対応して、福島県西郷村にあるトプコンソキアポジショニングジャパンの「白河トレーニングセンタ」がリニューアルオープンし、9月24日にセレモニーが行われた。

9月24日にリニューアルオープンした白河トレーニングセンタ(写真:家入龍太)
9月24日にリニューアルオープンした白河トレーニングセンタ(写真:家入龍太)

トプコングループ首脳陣によるテープカット(左)と白河トレーニングセンタでの教育を担うスタッフ(写真:家入龍太)
トプコングループ首脳陣によるテープカット(左)と白河トレーニングセンタでの教育を担うスタッフ(写真:家入龍太)

 40人が学べる教室のほか、校庭には130m×40mの“現場”が設けられ、3Dマシンコントロールや3Dマシンガイダンスなどによる施工、3Dレーザースキャナーによる測量など、情報化施工を工事現場さながらに実習できる。

校庭に再現された道路工事の現場(写真:家入龍太)
校庭に再現された道路工事の現場(写真:家入龍太)

3Dマシンコントロールによる道路施工の実習。ブルドーザーの運転室脇には教官などが乗るスペースが設けられている(写真:家入龍太)
3Dマシンコントロールによる道路施工の実習。ブルドーザーの運転室脇には教官などが乗るスペースが設けられている(写真:家入龍太)

3Dマシンガイダンスによる法面仕上げの実習。バックホーのアーム、ブームには角度センサーが取り付けられている(写真:家入龍太)
3Dマシンガイダンスによる法面仕上げの実習。バックホーのアーム、ブームには角度センサーが取り付けられている(写真:家入龍太)

運転席のモニターには、バックホーのバケット位置がリアルタイムに表示され、仕上げ面の位置が正確に分かる(写真:家入龍太)
運転席のモニターには、バックホーのバケット位置がリアルタイムに表示され、仕上げ面の位置が正確に分かる(写真:家入龍太)

最新型の3Dレーザースキャナー「GLS-2000」(左)と、計測した白河トレーニングセンタの点群データ(右)(写真:家入龍太)
最新型の3Dレーザースキャナー「GLS-2000」(左)と、計測した白河トレーニングセンタの点群データ(右)(写真:家入龍太)

 これらの施設や機器、建機を使った研修プログラムとしては、情報化施工研修会や測量機器の製品講習会、業界動向や最新情報の実演デモ付きセミナー、そしてトプコングループのセールス担当者向けセミナーなどが用意されている。

 いわば、BIM/CIMの活用で測量や施工の手戻りを防ぐのに必要な“情物一致”、つまり設計データと実物を一致させて設計や施工を行えるスキルを身につけるためのトレーニングの場と言えそうだ

米国で使われている前述の「sitelink3D」(前述)が白河トレーニングセンタでお披露目されたときの様子。重機や作業員の動きをタブレット端末などでリアルタイムに確認できる(左)。模擬道路の仕上がり高さや重機の位置がリアルタイムで確認できる(右)(写真:家入龍太)

 白河トレーニングセンタは、情報化施工の研修だけでなく、様々な技術やシステムを、現場導入前にテストする実験場としての機能も期待できそうだ。