PR

今後は巨大蓄電池の建設が課題に

 再生可能エネルギーの活用を推進することは、非現実的だという現実論者も多いが、いずれ石油や石炭などの化石燃料や原子力発電のウランは枯渇する運命だ。

 大林組技術研究所の本館は、ソースZEBを達成することがほぼ確実になった。他の建物の屋上を借りて太陽光発電パネルを設置しているとはいえ、これだけの規模のオフィスビルで消費する以上の電力を、敷地内の太陽光発電だけでまかなえるようになったことは、化石燃料などの枯渇問題に対する解決策の1つが現実化したといえるだろう。電力需給の時間差を無視すれば、オフィスビルでも太陽光発電のパワーだけで建物の消費エネルギーをまかなえるようになってきたことを意味するからだ。

 超長期的に見て、太陽光エネルギーに由来する再生可能エネルギーだけで動く社会を実現するための大きな一歩と、筆者は前向きにとらえたい。

 しかし、ここ数年、メガソーラー発電所の建設が各地で進んでいるが、一部の地方では電力の需給調整が難しくなるという理由で、商用電源への売電を断られる例も出ている。つまりせっかく太陽光発電を行っても、それを100%有効利用することができないのだ。

 このネックを解消するために求められているのは、余った電力をためておく大容量の蓄電池を安価に多数、“建設”することだ。大林組の技研では、3000kWhの巨大蓄電池を設けたが、電力を蓄えるタンクの部分は、建設業の技術で建設が可能だ。

 今後、巨大蓄電池のニーズはますます高まるだろう。そして価格が下がれば、天候などによって出力が不安定な再生エネルギーによる電力を蓄え、安定させるためのインフラとして、急速に普及していくに違いない。

 建設業としても、巨大蓄電池市場を電機メーカーのものとして指をくわえているだけでいいのだろうか。自らが積極的に技術を導入し、新しいビジネスとして取り組んでいく戦略もありそうだ。