PR

車載型3Dレーザースキャナーのデータから地形図作成

 「X-POINT 2016」を開発した福井コンピュータが4月16日に発売する「Mercury-Evoluto MMS Edition」(PDF)というソフトは、地形図作成業務にこれまであった“3K”(きつい、危険、汚い)の要素をかなり改善できるのではないかという希望を感じさせるものだ。

 歩道に据え付けたトータルステーションをのぞきながら、縁石や側溝などの位置を記録し、事務所に持ち帰る―――。これまで地形図の作成には多くの屋外作業が必要だったが、今後はほとんどすべての作業を、空調の効いた快適な室内で行えるようになるかもしれない。これまで人間が現場に立ち入って測量していた作業を、トプコンのMMS(モービル・マッピング・システム)「IP-S3 HD1」で計測した点群データに置き換えられるからだ。

トプコンのMMS計測機器「IP-S3 HD1」(資料:トプコン)
トプコンのMMS計測機器「IP-S3 HD1」(資料:トプコン)
「IP-S3 HD1」で計測中のイメージ(資料:トプコン)
「IP-S3 HD1」で計測中のイメージ(資料:トプコン)

 MMSとは、3Dレーザースキャナーを自動車に積んで通常の速度で走行しながら、道路の路面や周辺の歩道、構造物などの表面形状を数百万~数億点という膨大な3次元座標で高精度に計測する測量システムのことだ。

 図面化したい道路に沿ってこのMMSをざっと走らせると、三脚や標尺を現場に設置することなく、道路や周辺の地形などの形を丸ごと3Dで記録できる。

 そしてトプコンの「Mobile Master Office」というソフトによって点群をパソコンに取り込む。

 あとはエアコンの効いた室内にあるパソコン上で点群データを見ながら、福井コンピュータの「Mercury-Evoluto MMS Edition」によって測量専用CADの作図コマンドを利用して数値地形図や立面図、断面図、展開図などを作成する、という手順だ。

点群データを読み込んだ「Mobile Master Office」(資料:福井コンピュータ)
点群データを読み込んだ「Mobile Master Office」(資料:福井コンピュータ)
「Mercury-Evoluto MMS Edition」で作成された地形図(資料:福井コンピュータ)
「Mercury-Evoluto MMS Edition」で作成された地形図(資料:福井コンピュータ)

 このシステムで作成した図面は、国土交通省の数値地形図作成マニュアル(「移動計測車両による測量システムを用いる数値地形図データ作成マニュアル(案)」)や、「道路ストック総点検実施要領(案)」に準拠している。

 また、国土地理院が提供する「地理院タイル」の広域地図情報を利用して、MMSで計測した道路情報や図面を広範囲に管理することもできる。