PR

UAVからの空撮で点群データを作成

 最近、UAVは上空からの現場定点撮影や崩壊地、土砂たい積の確認、工事完成写真の撮影などで各地の建設会社の間で急速に普及している。

 さらに空撮写真を元に、地形や土工、ダムなどの構造物の現況3Dモデルをつくる手段としても注目されている。上空から撮影した連続写真をパソコンで処理することで、地表面や構造物の3D形状を色つきの点群データとしてつくることができるからだ。

 トプコンは、この一連の作業を簡単に行うための3D画像計測統合ソフトウエア「Image Master UAS」を発売した。

3D画像計測統合ソフトウエア「Image Master UAS」の画面(写真:トプコン)
3D画像計測統合ソフトウエア「Image Master UAS」の画面(写真:トプコン)

空撮写真から作成した色つきの点群データ(資料:トプコン)
空撮写真から作成した色つきの点群データ(資料:トプコン)

飛行計画の作成から3D点群モデル作成までの流れ(資料:トプコン)
飛行計画の作成から3D点群モデル作成までの流れ(資料:トプコン)

 主な特徴としては、新開発の画像解析エンジンで、大量の空撮写真から特徴点を自動的に見つけて処理し、詳細な3D点群データを作れる点が挙げられる。

 そして点群データに面を張って「TIN」データを作ったり、等高線の作成、土量計算を行ったりすることもできる。

 UAVは飛行前に撮影間隔や飛行速度、地上分解能などを設定する必要があるが、これらの値は付属の「Image Master UAS Planner」で計算できる。

 空撮写真の出来が悪いとおかしな点群データができることもあるが、付属している「Image Master UAS Logger」というソフトを使うとその場で空撮写真の良否判断も行える。すぐに再撮影の判断ができるので、後日、現場で再撮影する手戻りが防げそうだ。

 また、このソフトはUAVによる撮影だけでなく地上で撮った写真から、高精度の3Dモデルをつくることも可能だ。

地上で撮った写真から3Dモデルを作る流れ(資料:トプコン)
地上で撮った写真から3Dモデルを作る流れ(資料:トプコン)

 価格は新規単体パッケージで86万4000円(税込み)と、BIMソフト1本分くらいだ。撮影から3Dモデル化までが早いので、工事現場の進ちょく管理などにも使えそうだ。