日本のエリジオンにも世界が注目

 去年に引き続き、日本から唯一、出展したのは点群処理ソフト「InfiPoints」の開発元であるエリジオン(静岡県浜松市)だ。

盛況だったエリジオンの発表(写真:家入龍太)
盛況だったエリジオンの発表(写真:家入龍太)

 このセミナーではInfiPointsの機能を用いて、点群データからプラント施設の配管を3Dモデル化する、建物の点群から施工図を作成する、高架橋が複雑に交錯する首都高速道路の点群データを使って橋桁裏面を検査するためのシミュレーションを行う、といった幅広い活用事例が紹介された。

点群からプラント配管の3Dモデルを作成した例(資料:エリジオン)
点群からプラント配管の3Dモデルを作成した例(資料:エリジオン)

点群から建物の施工図を作成した例(資料:エリジオン)
点群から建物の施工図を作成した例(資料:エリジオン)

橋梁点検車による首都高速道路の点検シミュレーション(資料:エリジオン)
橋梁点検車による首都高速道路の点検シミュレーション(資料:エリジオン)

 3Dレーザースキャナーで計測した点群データを3Dモデルに加工したり、図面化したりするソフトは様々なものがあるが、機能が偏っている製品も多い。

 その点、エリジオンは点群ユーザーをこまめに回り、2D図面作成機能などユーザーが実務で必要とする機能をInfiPointsに地道に盛り込んだため、世界のユーザーから注目を集めたのだ。

世界からの来場者でにぎわうエリジオンの展示ブース(写真:家入龍太)
世界からの来場者でにぎわうエリジオンの展示ブース(写真:家入龍太)

ブースで来場者に対応するエリジオン取締役CTOの相馬淳人氏(右)(写真:家入龍太)
ブースで来場者に対応するエリジオン取締役CTOの相馬淳人氏(右)(写真:家入龍太)

 実物の建物などを点群データとしてコンピューターに取り込み、設計などに活用したいユーザーのニーズは全世界で共通だ。その要望と誠実に向き合い、製品開発に取り入れる日本ならではの「おもてなし」の心が、評価されているとも言えそうだ。