PR

こんにちは、「丸腰ライター」です。最新エントリーは前回に引き続き“戸建て住宅の防犯性能評価シミュレーション技術”についてです。前エントリーでは、住宅の侵入盗の認知数が減少していること、防犯環境設計(CPTED)の研究が進んでいることなどについて説明しました。同シミュレーション技術は、明治大学と旭化成ホームズが共同で開発したものです。お話は前回同様、明治大学理工学部建築学科都市研究室の山本俊哉准教授と旭化成ホームズ住生活総合研究所の松本吉彦氏に伺いました。今回はどんな住宅が被害に遭っているのか、侵入に遭った個所はどんな状況なのかを詳しくお伝えしたいと思います。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料