PR

(前のページから続く)

リニア品川駅は直下か、直交か、空き地の地下か

 JR東海は現在、東京都心のターミナルを品川駅に設ける前提で最終調整している。この記事では、東海道新幹線のホーム直下にリニア品川駅が造られると予想した。JR東海が自社で開発できる土地であり、東海道新幹線のホームにも近いからだ。2003年に完成した新幹線用品川駅の地下には、既にリニア新幹線向けの用意がなされているのではとの噂もあるほどだ。

リニア新幹線の品川駅の位置
リニア新幹線の品川駅の位置。東海道新幹線ホームの直下に設けられると予想した。ほかの選択肢として、既存の路線に直交する地下や、駅西側のセントラルガーデンの地下も考えられる (作成:ケンプラッツ、地図提供:マピオン (c)Yahoo Japan)

 JR東海では、リニア新幹線を東海道新幹線のバイパスと位置づけている。ターミナル駅の選定については、利用者が両新幹線を選んで乗れるようにとの考え方を示している。リニア新幹線は車両の幅が東海道新幹線より狭いなどの理由から、開業時の輸送力は現在の東海道新幹線の半分程度になり、自由席も設けない。リニア新幹線に乗るために駅へ行ったはいいが乗車できるのは数時間後といったことが起こりうる。輸送力の高い東海道新幹線に振り替えて乗車できるように輸送体系を整えておくことが重要だ。

 リニア品川駅の位置は、ほかの選択肢も考えられる。

 ひとつは、東西方向にホームを設置することだ。西に向かうカーブをほとんどなくせるので路線長が短くなり、建設費を抑制できる。また、品川駅から見て南東約3kmの位置ある現新幹線用の大井車両基地をリニア新幹線向けに転用する場合、そこに至る路線長も短くできる。

 デメリットもある。リニア品川駅の出入り口が、仮に東海道新幹線との交点だけとなるなら、混雑が避けられない。利用者の流動を分散させるために、JR東日本や京浜急行の事業用地を使わせてもらうなら、両社と綿密な調整が必要になる。また、仮に東京駅方面に延伸する場合には、品川から先に90度の急カーブができてしまう。品川駅周辺はめまぐるしく発展したものの、東京の中心的ビジネス街といえば、やはり東京駅周辺の大手町・丸の内・有楽町地区(大丸有地区)だ。禍根を残す線形は避けておくのが賢明だ。

 もう一つ考えられるリニア品川駅は、東海道新幹線の西側にある歩行者用の空間「セントラルガーデン」の地下だ。品川グランドコモンズと品川インターシティの間にある直線状の大きな空き地で、1992年までは新幹線の車両基地などがあった。ビル建設の際に、リニア新幹線のためにわざわざ空けておいたようにも見える。ここを利用するメリットは、施工のしやすさだ。機材や資材を搬入しやすく、列車の運行に与える影響もないだろう。

 デメリットは、既存の品川駅から離れてしまうことだ。乗り換えが不便になる。

セントラルガーデン
品川駅西側に直線状に設けられたセントラルガーデン。左側(西)が品川インターシティ、右側(東)が品川グランドコモンズだ (写真:ケンプラッツ)

◆next:技術・コスト面では通常と変わらず、建築制限は生じるか