PR

先進国のなかで最も早く超高齢社会を迎える日本。そのような流れにあって、東京大学高齢社会総合研究機構特任教授の辻哲夫氏は、千葉県柏市などをモデル地域とした、「Aging in Place」と呼ばれる超高齢社会の社会システムの研究や実現を行っている。また、筑波大学大学院教授の久野譜也氏は「Smart Wellness City(SWC)首長研究会」などで、「健幸」を「まちづくり」の基本に据えた政策を、多くの自治体と一緒になって進めている。両氏に、超高齢社会に向けた「まちづくり」の必要性について聞いた。(聞き手:持田智也=デジタルヘルスOnline 編集長)

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い


日経クロステックからのお薦め

日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)