PR

日経BP社建設局は、優れた建材・設備を表彰する「ECHO CITY製品大賞」を創設します。省エネ性能の高い製品や安全・安心に貢献する製品など、都市や建築・住宅の未来を切り開く優れた建材・設備を表彰することで、技術や産業の発展に寄与し、社会に貢献することが目的です。

 審査委員の河野晴彦氏に、建材・設備メーカーに期待することを伺いました。河野氏は、日本建設業連合会では設計委員会の委員長を務め、大成建設執行役員設計本部長でいらっしゃいます。

審査委員の河野晴彦氏(動画:細谷陽二郎)

設計者とメーカーの対話で新しい製品の開発ができる

 メーカーと設計者は立場が違うので、考え方も少しずつ違います。その違う視点で対話することで、消費者のニーズに合った、新しい製品の開発ができればいいなと。そのためにはお互いのコミュニケーションがすごく大事であると思っています。