PR

 住友大阪セメントは11月21日、コンクリートのひび割れを簡単に補修できる「コンクリートの安心補修スティック」をリニューアルしたと発表した。既に出荷を始めている。主な改良点として、自己治癒成分を配合し、補修したひび割れが再び開いても、水分を供給すれば閉塞する機能を付与した。

 以下は発表資料。


コンクリートの安心補修スティックリニューアル発売

 住友大阪セメント株式会社(本社:東京都千代田区、社長:関根福一)は、コンクリートのひび割れを素早く自然に美観回復する補修材「コンクリートの安心補修スティック」の製品リニューアルを2013年11月に実施いたします。

 安心補修スティックは、コンクリートのひび割れを素早く自然に美観回復する補修材として、土木・建築業界に広く浸透し、おかげさまで販売開始10年を迎えました。さらにお役に立つ商品を目指し、このたび製品機能の向上とパッケージを一新する製品リニューアルを実施いたします。リニューアルの内容は以下のとおりです。

  • 自己治癒成分を配合し、補修したひび割れが再度開いても、水分供給によって閉塞する機能を付与
  • 製品パッケージおよびカタログの変更
  • Webサイト http://www.soc-tec.com/blue-cross/ を一部更新

 新パッケージは以下のとおりです。製品外観・副装品は従来と変わりません。

写真1:製品パッケージおよび内容品
写真1:製品パッケージおよび内容品

■新配合の自己治癒成分について
 自己治癒成分とは、水分などが存在する環境下で、コンクリートのひび割れを閉塞させる成分です。自己治癒成分は低反応活性セメントから成っており、雨などの水分の供給により以下の効果が期待できます。

  • 補修箇所の緻密化、ひび割れ閉塞性の向上
  • 補修後に何らかの原因でひび割れが開いても、雨などの水分供給で再び閉塞する効果

自己治癒成分の効能および自己治癒状況の具体例を以下に示します。

・効能イメージ

・自己治癒状況…水分供給により再度ひび割れが閉塞=自己治癒しています

注)写真の赤い部分は場所を特定するための目印です
注)写真の赤い部分は場所を特定するための目印です

■今後の展開について
 リニューアルに伴う製品価格の変更はありませんが、製品機能の向上による販売数量増により、年間100百万円の売上げを見込んでいます。



・住友大阪セメント株式会社のプレスリリースはこちら