PR

 首都高速道路会社は11月22日、都道環状2号線の整備に伴って2012年7月8日から通行止めにしている八重洲線の区間を、2013年12月15日午前8時から解除すると発表した。

 環状2号線は八重洲線の地下を交差する計画だが、八重洲線の高架橋の杭が干渉するため、橋脚の位置を変えて架け替えている(関連記事)。これまで工事箇所の一般道の交差点を16回通行止めにし、橋桁の撤去を9回、架設を7回実施。今年9月7日に最後の架設を終え、現在は橋面工事を実施している。

 環状2号線は、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックで、選手村や競技会場が集中する臨海部と、新国立競技場などができる都心部を結ぶ大動脈になる。2015年度に虎ノ門地区から豊洲地区までの区間が開通する予定だ。

 以下は発表資料。


首都高八重洲線(北行き・南行き)の通行止め解除のお知らせ

~東京都市計画道路環状第2号線整備に伴う八重洲線架替工事~

 首都高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菅原 秀夫)は、平成25年12月15日(日)午前8時に、首都高八重洲線の一部区間の通行止めを解除します。

 当該区間は、東京都市計画道路環状第2号線整備に伴い、平成24年7月8日より、首都高八重洲線の一部区間を通行止めして、八重洲線架替工事を実施しておりました。

 通行止めによりお客様にはご不便をお掛けしておりましたが、この度、工事が進捗し通行止め解除の日時が決まりましたので、お知らせします。

通行止解除日時

平成25年12月15日(日)午前8時

通行止解除区間

首都高八重洲線(北行き・南行き)汐留出入口~新橋出入口

首都高八重洲線架替工事進捗状況

  • 東京都市計画道路環状第2号線整備のため、首都高八重洲線(北行き・南行き)一部区間の架替工事を実施中
  • これまで汐先橋交差点を16回通行止を行い、平成25年9月7日に最終架設を実施、撤去及び架設工事が完了(撤去9回、架設7回)
  • 現在、12月15日(日)午前8時の八重洲線通行止め解除に向け、橋面工事を実施中

・首都高速道路株式会社のプレスリリースはこちら