PR

 フジタは12月2日、茎や葉が水面に浮く抽水植物だけを使って水質を改善する「フェスタ工法」の実証試験を実施し、技術を確立したと発表した。抽水植物は刈り取りや補植などの維持管理が不要だという。

 実証試験は神奈川県厚木市にあるゴルフ場の池で実施。植栽した浮島を池の面積の5%分設置した。4年間モニタリング調査した結果、夏季のプランクトン濃度を約77%削減し、池の透明度が改善したことを確認した。

 以下は発表資料。


維持管理不要でアオコの発生抑制と水質改善可能な浄化技術を確立

流入負荷の多い修景池で維持管理不要型フェスタ工法を実証~

 株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:上田卓司)は、株式会社アコーディア・ゴルフ様※1(本社:東京都渋谷区、社長:鎌田隆介)が運営する大厚木カントリークラブ桜コース(神奈川県厚木市)の修景池において、抽水植物※2のみを植栽した浮島を使用する維持管理不要型の「フェスタ工法」※3(水質浄化技術)を池全体の浄化に適用する実証試験を実施し、水域面積の5%(一般的な浮島を使用する浄化方法の1/4)の浮島数量で富栄養水域のアオコの発生を抑制し、水質改善効果を持続できることを実証しました。

 フェスタ工法は、抽水植物や沈水植物※4を植栽した植生浮島を使用して水辺生態系を創出・再生し、湖沼やため池などの水質浄化を行う低炭素技術で、浄化性能はこれまでの隔離水域※5での実証試験で確認しており、流入負荷※6や目標水質に応じた計画手法※7を確立しています。しかし、浮島および水底に繁茂した沈水植物は、刈取りやアメリカザリガニ等の外来生物の食害に対する生育管理が必要になり、維持管理コストや水上作業の安全性が「フェスタ工法」を普及させるうえで課題となっていました。

 今回の実証試験では、本工法の適用拡大に向け、クラブハウスの浄化槽処理水が流入し、富栄養状態(近年アオコの発生で問題となっている霞ヶ浦湖心の約3倍の栄養レベル※8)である修景池2,000m2に、抽水植物のみを植栽した浮島(水質浄化用植生浮島)を2009年9月から池の水面積の5%の面積で設置し、4年間モニタリング調査を実施しました。その結果、実施前と比較して夏季の植物プランクトン濃度を約77%削減でき、池の透明度が改善されました。さらに、沈水植物の刈取りや補植などの維持管理が不要になったばかりでなく、浮島の植生基盤表面が水につかった構造であるため、冬季に枯れた水上の植物体が植生基盤表面の水中で分解促進されたことなどにより、栄養レベルの高い水域においても、浮島に繁茂した抽水植物は刈り取らずに毎年継続的に生育でき、維持管理が不要となる手法を確立しました。

 今後、設置が容易で動力や維持管理コストが不要な水質浄化技術として、湖沼やため池、都市公園や民間施設の池などの水質改善や水辺生態系の保全に提案してまいります。

【実証試験の概要】
実 施 日:2009年9月~
場  所:大厚木カントリークラブ桜コース(神奈川県厚木市) 11ホール修景池
     (水面積:2000m2、平均水深0.8m、最大水深1m)
実 施 者:株式会社フジタ
協  力:株式会社アコーディア・ゴルフ
施設概要:水質浄化用植生浮島 約4m2/基×25基= 100m2(水面積2,000m2の5%)
     浮島植物:カキツバタ植栽18基、マコモ植栽7基 計25基

写真1 大厚木カントリークラブ桜コース修景池での実施状況(2013年5月7日撮影)
写真1 大厚木カントリークラブ桜コース修景池での実施状況(2013年5月7日撮影)

写真2 大厚木カントリークラブ桜コース修景池での実施状況(カキツバタを植栽した浮島)(2013年5月14日撮影)
写真2 大厚木カントリークラブ桜コース修景池での実施状況(カキツバタを植栽した浮島)(2013年5月14日撮影)
写真3 大厚木カントリークラブ桜コース修景池での実施状況(マコモを植栽した浮島)(2013年7月2日撮影)
写真3 大厚木カントリークラブ桜コース修景池での実施状況(マコモを植栽した浮島)(2013年7月2日撮影)

図1 夏季のクロロフィルa濃度(植物プランクトン濃度の指標)の実施前後の比較(8月~9月の平均値)
図1 夏季のクロロフィルa濃度(植物プランクトン濃度の指標)の実施前後の比較(8月~9月の平均値)

※1 保有コース133、契約コース4(11月30日現在)のほか、ゴルフ練習場等を擁する、日本最大手のゴルフ場運営・管理会社

※2 抽水植物:根が水中の土などの基盤の中にあり、茎や葉が水面から上に伸びている水生 植物

※3 フェスタ工法:動力も薬剤も使用せず、多様な生物の共生により湖沼や池の水質を浄化する低炭素技術。植物プランクトンの増殖抑制機能の高いマコモ等の抽水植物やイトモ等の沈水植物を植栽した浮島(水質浄化用浮島)を使用し、透明度を改善しながら浮島周辺の水底に沈水植物群落を再生・拡大し水質を安定的に改善する。2005年からこれまでに実証試験など9件で浄化性能を確認している。
フェスタとは、Floating Island of Emerged and Submerged Vegetation(抽水植物と沈水植物の植生浮島)の略称。(登録商標)
維持管理不要型では、アオコの発生抑制機能・周辺の生態系への影響・景観に配慮して選定した抽水植物のみを使用して、刈取り等の維持管理を不要にした。

図2 維持管理不要型フェスタ工法の概要
抽水植物と沈水植物を浮島に植栽し、水質を浄化
⇒沈水植物の繁茂により、刈取り・生育管理が必要
沈水植物再生型のフェスタ工法
沈水植物再生型のフェスタ工法
抽水植物を植栽した浮島を設置し、水質を改善
⇒・沈水植物の刈取り・生育管理が不要
 ・植生基盤表面を湛水させることで、冬枯れした水上の植物体の分解促進と陸上植物の発生を防止でき、抽水植物の刈取りが不要
維持管理不要型のフェスタ工法
維持管理不要型のフェスタ工法

※4 沈水植物:植物体全体が水中にあり、水底に根を張っている水生植物

※5 隔離水域:遮水シートなどで部分的に水域内を囲った場所

※6 流入負荷:湖沼やため池などの水域に流入し、アオコの発生や水質汚濁の原因となる有機物や栄養物質

※7 計画手法:実施条件と水質改善目標に応じた施設の規模等の計画を行うノウハウ。水域内の物質循環と浄化機能を解析する手法(物質循環モデル)と過去の実証試験等のデータから統計学的に計算する手法の2種類を開発

※8 栄養レベル:植物プランクトンの増殖に必要な窒素・リン等の濃度水準

・フジタのプレスリリースはこちら