PR

2014年に完成する注目の建物やインフラ施設、開業する商業施設をまとめました。大阪に日本一の高さの超高層複合ビル「あべのハルカス」が3月にグランドオープンします。東京には幹線道路が貫通する「虎ノ門ヒルズ」が完成します。

あべのハルカス

ハルカス展望台は空中回廊、2014年3月に全館開業

あべのハルカスの外観(写真:近鉄)

近畿日本鉄道は、高さ300mの複合ビル「あべのハルカス」を2014年3月7日に全館グランドオープンする。同日から展望台「ハルカス300」と「大阪マリオット都ホテル」が営業を開始し、「あべのハルカス近鉄本店」は全館がオープンする。

関連記事


虎ノ門ヒルズ

虎ノ門ヒルズ、51階ホテルのスゴイ眺望

新橋側から見た「虎ノ門ヒルズ」。超高層ビルの建設と同時に、都道・環状2号線の建設が進む。2月22日に撮影(写真:森ビル)

東京・霞が関の官庁街近くのオフィス街、虎ノ門地区で建設中の超高層ビル「虎ノ門ヒルズ」が2014年に開業する。東京都が施行し、森ビルが特定建築者となって進めるプロジェクトだ。立体道路制度を活用し、建物の地下を道路トンネルが貫通する。

関連記事


羽田空港C滑走路延伸

「タブーなし」で首都圏空港の機能強化を検討

羽田空港の機能強化を目的とした2014年度の主要事業(資料:国土交通省)

国土交通省は2014年度中を目標に羽田空港と成田空港の年間合計発着容量で75万回達成を目指し、例えば羽田では14年末の供用に向けC滑走路の改良や延伸、駐機場の新設といった整備に取り組んでいる。

関連記事


マクドナルド大通り倉庫跡複合公共施設

パリでも木で勝負する隈研吾、坂茂両氏の注目作

マクドナルド大通り倉庫跡複合公共施設の外観(資料:隈研吾建築都市設計事務所)

フランス・パリで2014年7月竣工を目指して建設中の「マクドナルド大通り倉庫跡複合公共施設」。設計は隈研吾建築都市設計事務所だ。幼稚園と学校、体育館、職員用住居などからなる。


圏央道(東名―中央道)

圏央道の相模原愛川―高尾山IC間が6月開通

開通時期を変更する圏央道の区間(資料:国土交通省関東地方整備局相武国道事務所)

首都圏三環状道路の最も外側にある「圏央道」の相模原愛川インターチェンジ(IC)―高尾山IC間14.8kmが2014年6月に開通する。これにより、東名高速道路と中央自動車道が環状道路で結ばれる。


柏の葉スマートシティ

柏の葉スマートシティの玄関口が14年4月開業

「ゲートスクエア」の完成予想イメージ(資料:三井不動産)

三井不動産は千葉県柏市で開発中の「柏の葉スマートシティ」で、中核エリアとなる駅前街区を「ゲートスクエア(GATE SQUARE)」と名付け、各施設を2014年4月から順次開業する。


大手町タワー

森のある再開発ビル、名称は「大手町タワー」に

大手町タワーの完成予想図(資料:東京建物)

東京都千代田区大手町1丁目で超高層ビルを建設中の「(仮称)大手町1-6計画」は、施設名称が「大手町タワー」、商業ゾーンの名称が「OOTEMORI(オーテモリ)」にそれぞれ決まった。全体竣工は2014年4月。


日本橋ダイヤビルディング

中をくりぬき外観保存

江戸橋倉庫ビルの地上部の解体がほぼ終了した状態。2012年6月30日撮影(写真:勝田尚哉)

東京・日本橋、随所で再開発が進む伝統の街で、ひときわ目を引く建築現場がある。建物のファサードを転写した外部足場シートで、建物の外周全体が囲われているのだ。2014年8月に完成予定。


尾張大国霊神社儺追殿

中世にヒント、新技法で挑む伝統木造

外部では主に内陣切妻屋根の周辺で蓑甲(みのこう)下地材取り付けや野地板建て込みなどの作業が行われていた(写真:勝田尚哉)

愛知県稲沢市、名古屋鉄道国府宮駅ほど近くの尾張大国霊神社。伝統木造構法による新築建物として国内最大級の規模となる儺追殿の工事を取材した。毎年旧暦の1月13日に行われる「国府宮はだか祭」に間に合うよう完成を急ぐ。


飯野ビル2期(イイノの森)

飯野ビル2期は2014年10月竣工、公開空地に「イイノの森」

飯野ビルディング2期計画の完成イメージ(資料:飯野海運)

飯野海運は千代田区内幸町の飯野ビルディング2期計画について、1935m2の区画に緑化率の高い公開空地「イイノの森」を設けるほか、地下鉄霞ケ関駅と直結させる。投資予定額は約31億円。2014年10月に竣工する予定だ。


読売新聞東京本社ビル

読売新聞ビル竣工、大手町エリア最高の200m

完成予想図(資料:読売新聞東京本社)

読売新聞東京本社が東京・大手町で建設を進めてきた本社ビルが竣工した。多目的ホールやギャラリーを備えるとともに、遊歩道や屋上庭園を設け、周辺地域で働く人も気軽に立ち寄れる場所にしたという。2014年1月6日に開業する。


ニャッタン橋

「日本発」で固めた足元、ニャッタン橋の主塔完成

全ての主塔が完成したニャッタン橋では、鋼桁の架設が本格化している。主塔建設とアプローチ橋の下部工事には、日本人13人を含めて約280人のスタッフが関わった。作業員を合わせると、最盛期には11カ国から1日に約1200人が工事に従事した(写真:三井住友建設)

三井住友建設とIHIインフラシステムがベトナムの首都ハノイ市で建設しているニャッタン橋(日越友好橋)。現場では、2014年末の完成を目指して鋼桁の架設が本格化している。


神谷ダム太陽光発電

堤体を利用した初の太陽光発電、兵庫県の神谷ダム

神谷ダムに設置する太陽光発電パネルの完成イメージ(資料:兵庫県企業庁)

兵庫県は管理する神谷(こたに)ダムの堤体を利用して太陽光発電所を建設する。電力需要が増える夏季に間に合うよう14年7月には発電を開始する考えだ。同県によれば、ダムの堤体を利用して太陽光発電所を建設するのは全国で初めて。


MM21-46街区プロジェクト

清水建設の「ecoBCP」モデルビル

清水建設の「ecoBCP」モデルビル

清水建設が「ecoBCP」と名付けたコンセプトの大規模賃貸オフィスビル第一弾。平常時の環境対策と非常時の事業継続性機能を融合した。2014年5月竣工予定。


みんなの森ぎふメディアコスモス

伊東氏設計の木屋根図書館

みんなの森 ぎふメディアコスモスの2階内観パース(資料:伊東豊雄建築設計事務所)

岐阜市は「みんなの森ぎふメディアコスモス」(設計:伊東豊雄建築設計事務所)の建築主体工事について再入札を実施し、2013年5月30日に戸田建設・大日本土木・市川工務店・雛屋建設社JVを落札者に決めた。工期は2014年12月26日まで。


日本橋再生計画

三井不動産が「日本橋三越御用聞き」付き高級賃貸

三越日本橋本店(本館)

三井不動産が計画する高級賃貸住宅「パークアクシスプレミア日本橋室町」は地下鉄三越前駅と直結し、室町古河三井ビルディングの最上階4フロア(18~21階)に位置する。2014年1月から申し込みを始め、同年2月1日から入居開始となる。


スカイズタワー&ガーデン

五輪見下ろす超高層、免震と制振で柱間隔広げる

湾岸エリアで施工が進む超高層マンション「スカイズタワー&ガーデン」。竣工予定は2014年8月。13年6月に撮影した(写真:日経アーキテクチュア)

スカイズタワー&ガーデンは、2020年の開催が決まった東京五輪で、選手村や競技施設が集中する東京湾岸エリアに位置する。竣工予定は2014年8月。


七ヶ浜中学校

最優秀は乾久美子氏、震災復興の七ヶ浜中学校プロポ

最優秀に輝いた乾久美子氏による提出案(資料:乾久美子建築設計事務所)

宮城県七ヶ浜町は、東日本大震災による損傷で、建て替えられることになった七ヶ浜中学校の設計者を選定する公募型プロポーザルを実施し、最優秀に乾久美子氏を選出した。工期は2013年4月から14年9月までを予定している。