PR

 西日本旅客鉄道(JR西日本)は1月24日、2015年3月の北陸新幹線開業に向け、終着駅の金沢駅をリニューアルすると発表した。東口広場と西口広場をつなぐコンコースを、新しいシンボルロードとして整備するのが特徴。駅東口の「鼓門」をイメージした門形柱を連続的に配置して統一感を持たせる。

 以下は発表資料。


金沢駅リニューアル計画について

 北陸新幹線は平成26年度末に金沢までの開業を予定していますが、これに伴い石川県の玄関口となる金沢駅について、弊社にてリニューアル工事を計画していますので、その概要についてお知らせいたします。

1 主な概要について

(1)コンコースについて

 東口広場と西口広場をつなぐ金沢駅のコンコースを、金沢の新しいシンボルロードとして整備します。

【コンセプト】

「東口広場と西口広場をつなぐ、金沢の新しいシンボルロード」
・コンコース全体に東口広場にある鼓門をイメージしたデザイン的にインパクトのある設備を連続的に設置することで、全体の統一感を演出します。
・伝統工芸品の活用などを行うことにより、石川らしさ、金沢らしさを表現します。
・門型柱に案内サイン、広告、パンフレット棚を設置し、情報発信機能を持たせます。
・床面および照明設備を改修することにより、明るく、快適な空間を創り出します。

(2)ご利用しやすい駅づくりについて

 新幹線開業に伴い、多くのお客様が金沢駅をご利用されることから、サービスの向上を図ります。
・みどりの窓口を改札口側に移設することにより、お客様のご移動を円滑にするとともに、現在のみどりの窓口を撤去し、コンコースを拡幅します。
・荷物預かり所を改札口付近に設置するとともに、コインロッカーコーナーの拡充を行います。
・在来線の各ホームに待合室を設置し、新幹線と在来線との乗り継ぎの利便性を図ります。
・おみやげ館入口前と改札内(中2階)に設置しているトイレの全面改装と段差解消を行います。

2 工事期間

 平成26年1月から平成27年3月(予定)

金沢の新しいシンボルロード(イメージ)
金沢の新しいシンボルロード(イメージ)

金沢の新しいシンボルロード(イメージ)
金沢の新しいシンボルロード(イメージ)

金沢駅平面図
金沢駅平面図

・JR西日本のプレスリリースはこちら