PR

 ナカバヤシは2月20日、米Wobbles Works社が開発した3Dプリントペン「3Doodler」の日本国内での独占販売契約を締結し、4月上旬から販売すると発表した。熱で溶けた樹脂がペン先から押し出され、空中に線を描くように動かせば、立体的な造形が出来上がる。

 3Dプリンターとは異なり、立体データや特殊なソフトは不要。専用のプラスチックフィラメントを本体に差込み、電源を入れるだけで使える。空中で描いた線の樹脂は適温で冷えて固まるので、立体物を短時間で制作できる。

 本体サイズは直径37mm×長さ187mm、重量は130g。希望小売価格は1万6000円(税別)。プラスチックフィラメントが50本付属する。

 3Doodlerは、クラウドファンディングサービスサイト「Kickstarter」で集めた資金約2億4000万円(日本円換算)をもとに2013年に世界で初めて開発された。

・ナカバヤシのプレスリリースはこちら