PR

太陽光発電パネルを設置する時の耐風性能の確保に向けた風荷重の基準としては、JISや告示がある。しかし、風洞実験をもとに、「これらに基づく設定は不適切」との指摘が出ている。日本建築総合試験所試験研究センターの高森浩治氏への取材を中心にまとめた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い