PR

太陽光発電の導入が急ピッチで進んでいる。この勢いは、事業者の「利潤に特に配慮」した買い取り期間(当初の3年間)以降も続くのか。電力システム改革はどう影響するのか――。国の電力政策に詳しい東京大学教授の松村敏弘氏、30年以上太陽光発電のコンサルティングに携わる資源総合システム社長の一木修氏、太陽光発電の架台メーカーとして、実際の現場をよく知る奥地建産社長の奥地誠氏に、太陽光発電の現状と課題、可能性について語ってもらった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い