PR

 新日鉄住金は3月17日、同社や関連会社が取り扱う建設用資材を掲載した「建設用資材ハンドブック(通称:赤本)」のiPad用アプリをリリースしたと発表した。2013年10月に鉄鋼業界初となるiPhone用アプリをリリースした後、利用者からiPad用も求める声が多数あり制作したという。建築用資材の掲載情報に加え、各種鋼材の断面性能表や断面計算機能などを搭載している。

 以下は発表資料。


「建設用資材ハンドブック」iPad用アプリをリリース

 この度、当社ならびに当社関連会社及び一部需要家(以下、「当社・関連会社等」と総称)が取り扱う建設用資材を掲載した「建設用資材ハンドブック(通称:赤本)」について、お客様の利便性の更なる向上に資するべく、2013年10月にリリースしたiPhone用アプリに続き、新たにiPad用アプリを制作し、提供を開始しました。

建設用資材ハンドブックとは

 「建設用資材ハンドブック」とは、建設用資材を取り扱うお客様の利便性に資することを目的として、当社・関連会社等が取り扱う建設用資材(鋼材製品、二次加工製品、各種建設用資材等)を総合
的に掲載した製品カタログです。
1974年(昭和49年)の初版刊行以来、各方面のお客様(*1)より“赤本”の通称で親しまれて参りました。
 初版刊行以来の累計発行部数は約56万部(推計)に達し、当社が保有する製品カタログ(約157種類)の中でもトップレベルの発行部数を誇る人気カタログとなっています。
*1 施主、官公庁、建設会社、鋼材加工会社、リース会社、商社・特約店等

iPad用アプリの制作について

 iPad用アプリは、iPhone用アプリと同様、建築用材の掲載情報に加え、各種鋼材の断面性能表や断面計算機能等を搭載しています。
 iPhoneのみならずiPadにおいても手軽に情報の検索・閲覧ができるようになることで、各利用者様(建築構造設計者、建築構造に関連する業務に従事し、資材選定に携わる方々を主要利用者と想定)における現場等での業務が円滑に進められることを目指しています。これらの取組みを通じて、従来ハンドブックをご活用頂いている利用者様への更なる利便性向上ニーズにお応えすると共に、新規利用者の獲得を図ることを目的として制作を行っています。

【iPad用アプリの概要】

(1)主な機能(iPhone用アプリと同機能)
・「建設用資材ハンドブック」の「建築用材」ページの閲覧
・各種鋼材の断面性能表の閲覧、カスタマイズ(絞り込み、ソート、範囲指定)
・選択した鋼材の許容荷重の確認
・JIS H形鋼から外法一定H形鋼「ハイパービーム」への置き換え検索
・H形鋼等の断面計算および適応資材の表示 等

(2)アプリ利用方法:
App Storeからアプリをダウンロードしてご利用ください。
【ダウンロード手順】
App Store→「新日鉄住金」で検索、または以下のURLからダウンロード
https://itunes.apple.com/jp/app/xin-ri-zhi-zhu-jin-jian-she/id724048551

※iPhone用アプリをすでにダウンロード頂いている場合は、App Storeよりアップ
デートしてご利用ください。

(3)その他
・アプリ提供開始日:2014年3月17日(月)
・価格:無料
・対象端末:iPhone 4, iPhone 4s, iPhone 5, iPhone 5s, iPhone 5c, iPad2,
iPad(第3世代), iPad(第4世代),iPad mini   (iOS 5.1.1~7.0.X対応)
・アプリ制作元:新日鐵住金株式会社、日鉄住金総研株式会社
・アプリ制作受託元:凸版印刷株式会社

 今後も、多様化するお客様の使用ニーズに応えて「建設用資材ハンドブック」の掲載情報及びアプリの機能改善を図り、お客様の利便性向上と当社関係会社等の取り扱う建設用資材製品の普及・拡大に繋げて参ります。

・新日鉄住金のプレスリリースはこちら