PR

 JR東日本内部で「品川新駅」と呼ばれ検討が進められていた計画がついに明らかになった。同社は6月3日、山手線の品川―田町駅間に新駅をつくることを正式発表した。2020年に開催する東京五輪に合わせて開業する予定だ。

新駅の設置位置(資料:JR東日本)
新駅の設置位置(資料:JR東日本)

車両基地を北側から見る。2012年5月に撮影(写真:日経アーキテクチュア)
車両基地を北側から見る。2012年5月に撮影(写真:日経アーキテクチュア)

 予定地の周辺は、同社の車両基地(旧田町車両センター)となっている。現在、車両基地の西端を南北に通る山手線と京浜東北線の線路と、東海道線の上りの線路をともに100mほど東側へ移し、品川駅から北に約0.9km、田町駅から南に約1.3km離れた地点に新駅を設ける。新駅のホームは、山手線と京浜東北線がそれぞれ停車する「線路別島式2面4線」の形式とする。

 JR東日本は東北縦貫線(上野東京ライン)が15年3月に開業するのに合わせて、車両基地を東側に移転、集約する工事を進めている。13年11月には線路の切り替え工事を実施して、東側に移した車両基地の運用を始めたばかりだ(関連記事)。

 新駅の設置とともに、車両基地の西半分に当たる約13haの広大な敷地を再開発して、国際的な交流拠点を形成する。六本木ヒルズの11.6haや東京ミッドタウンの10.2haをしのぐ規模だ。JR東日本が事業主体となる可能性が高いものの、「詳細は今後、国や東京都などと協議して詰めていく」(同社広報部)としている。

 品川駅はJR東海が27年の開業を目指すリニア中央新幹線のターミナル駅になる。国際化が加速する羽田空港にも近い。新駅の設置と合わせて、周辺の景色は一変しそうだ。

車両基地を西側から見る。写真手前を山手線や京浜東北線が走る(写真:ケンプラッツ)
車両基地を西側から見る。写真手前を山手線や京浜東北線が走る(写真:ケンプラッツ)