PR

駅周辺の道路整備が本格化

 下北沢駅周辺については、2006年に事業認可されていた都市計画道路補助第54号線と世田谷区画街路第10号線(駅前交通広場)の整備が本格的に動き出す。

下北沢駅周辺の都市計画道路の事業概要図(資料:世田谷区)
下北沢駅周辺の都市計画道路の事業概要図(資料:世田谷区)

 世田谷区は整備に当たって、地元の意見を取り入れる。計画の立案や完成後の維持管理を視野に入れ、2014年度は11月16日を皮切りに2回、来年度末までに全8回程度のワークショップの開催を予定している。

 地元商店会や町会が推薦した21人の委員に加えて公募で28人を集め、計49人の市民が参加する予定である。ワークショップでは、イベントや文化・商業活動などでの道路空間の活用方法や、舗装・植栽・ベンチ・案内板といった道路施設の整備・運営などについて検討する。

下北沢駅周辺都市計画道路整備ワークショップニュース・第1号(資料:世田谷区)
下北沢駅周辺都市計画道路整備ワークショップニュース・第1号(資料:世田谷区)

都市計画道路補助第54号線の標準断面図(資料:世田谷区)
都市計画道路補助第54号線の標準断面図(資料:世田谷区)

世田谷区画街路第10号線の標準断面図(資料:世田谷区)
世田谷区画街路第10号線の標準断面図(資料:世田谷区)

 補助54号は駅の北側を東西に貫き、その途中から街路10号線が下北沢駅に向かう。街路10号線には交通広場を整備して、バスの乗降場、タクシー乗り場などの設置を予定している。現在は、駅から少し離れた北沢タウンホールの1階に設けられているバスターミナルを駅前に移設することになる。

 世田谷区道路整備部交通広場整備担当課によると、補助54号線は今回の計画にある下北沢駅に近い延長265mの区間を第1期として整備する。第2期は東側に延伸して渋谷区上原方面へ接続、第3期は西側に延伸して環状7号線へ接続する予定だという。

連続立体化事業に伴う工事が進められている下北沢駅南口。上部を横切るのは京王井の頭線(写真:村島 正彦)
連続立体化事業に伴う工事が進められている下北沢駅南口。上部を横切るのは京王井の頭線(写真:村島 正彦)

下北沢駅北口に面したビルから駅舎工事の現場を見下ろす。線路跡地は世田谷区画街路第10号線(駅前交通広場)として整備される(写真:村島 正彦)
下北沢駅北口に面したビルから駅舎工事の現場を見下ろす。線路跡地は世田谷区画街路第10号線(駅前交通広場)として整備される(写真:村島 正彦)

同じビルから左手方向を見下ろす。戦後から続いていた市場のほとんどは取り壊され現在、広場として供用されている。ここも駅前交通広場の一角となる(写真:村島 正彦)
同じビルから左手方向を見下ろす。戦後から続いていた市場のほとんどは取り壊され現在、広場として供用されている。ここも駅前交通広場の一角となる(写真:村島 正彦)

かつては小田急線踏切があった箇所。左側に下北沢駅。線路跡地は駅前交通広場になる(写真:村島 正彦)
かつては小田急線踏切があった箇所。左側に下北沢駅。線路跡地は駅前交通広場になる(写真:村島 正彦)

左の看板を見ると、この場所が世田谷区画街路第10号線と補助54号線の分岐部に当たることが分かる(写真:村島 正彦)
左の看板を見ると、この場所が世田谷区画街路第10号線と補助54号線の分岐部に当たることが分かる(写真:村島 正彦)

スーパーマーケットの入居するビルから線路跡地、世田谷区画街路第10号線(駅前交通広場)が整備される場所を見下ろす。現在、鉄道施設の地下部分の工事が進められているのが分かる(写真:村島 正彦)
スーパーマーケットの入居するビルから線路跡地、世田谷区画街路第10号線(駅前交通広場)が整備される場所を見下ろす。現在、鉄道施設の地下部分の工事が進められているのが分かる(写真:村島 正彦)

下北沢駅の跨線歩道橋から世田谷代田駅方面(西側)を眺める。右手に新しい下北沢駅の建物が姿を現しつつある。(写真:村島 正彦)
下北沢駅の跨線歩道橋から世田谷代田駅方面(西側)を眺める。右手に新しい下北沢駅の建物が姿を現しつつある。(写真:村島 正彦)

下北沢駅北口の市場。まだ営業中の店舗も見られる。左側の通路を抜けると北口に通じる(写真:村島 正彦)
下北沢駅北口の市場。まだ営業中の店舗も見られる。左側の通路を抜けると北口に通じる(写真:村島 正彦)

工事の仮囲いには、新旧の下北沢駅の姿を表示している(写真:村島 正彦)
工事の仮囲いには、新旧の下北沢駅の姿を表示している(写真:村島 正彦)

下北沢駅から少し離れた茶沢通りに面した北沢タウンホール。現在は1階のピロティをバスターミナルとしている。駅前広場の整備により、バスターミナルは移設される予定(写真:村島 正彦)
下北沢駅から少し離れた茶沢通りに面した北沢タウンホール。現在は1階のピロティをバスターミナルとしている。駅前広場の整備により、バスターミナルは移設される予定(写真:村島 正彦)

茶沢通り、北沢タウンホール近くから補助54号線の予定地を見る。駐輪場として利用されているのは買収済みの道路用地(写真:村島 正彦)
茶沢通り、北沢タウンホール近くから補助54号線の予定地を見る。駐輪場として利用されているのは買収済みの道路用地(写真:村島 正彦)