PR

「京葉方」出発反応標識が設置された新木場

京葉車両センター(東京・幕張)に姿を現した埼京線E233系(写真:大野 雅人)
京葉車両センター(東京・幕張)に姿を現した埼京線E233系(写真:大野 雅人)

 京葉線とりんかい線の線路は、新木場駅の東側でつながっている。分岐器を介して埼京線・りんかい線・京葉線などの電車(ともに10両)は物理的には行き来できるが、JR東日本と東京臨海高速鉄道の料金収受などに課題が残り、相互直通運転は実現していない。

 千葉と川崎を結ぶ“最も海側の鉄道ルート”は、もともと国鉄が貨物輸送用につくったもの。旅客化にあわせて新木場から東京へと線路が分岐し、さらに品川ふ頭の地下でも線路が分岐し大崎へと接続した。

 有効長10両のりんかい線新木場駅2番ホームの蘇我方を見ると、「東臨出発」の信号機が赤く灯り、「京葉方」の出発反応標識のLEDは光らない。また、京葉線の蘇我と西船橋の間では、京葉臨海鉄道と各地を結ぶ貨物列車が毎日走っているが、りんかい線を介して東京貨物ターミナル駅や川崎貨物駅、神奈川臨海鉄道などと京葉臨海鉄道を結ぶ貨物列車の姿はない。

蘇我方から新木場駅を眺める。急勾配となる線路が京葉線、水平を維持する線路がりんかい線へとつながるルート。その線路の表面は錆びてないようだ(写真:大野 雅人)
蘇我方から新木場駅を眺める。急勾配となる線路が京葉線、水平を維持する線路がりんかい線へとつながるルート。その線路の表面は錆びてないようだ(写真:大野 雅人)

りんかい線新木場駅2番ホームから見える大崎方・京葉方出発反応標識と京葉方出発信号機。出発反応標識の大崎方が灯るとすぐに発車メロディが流れる(写真:大野 雅人)
りんかい線新木場駅2番ホームから見える大崎方・京葉方出発反応標識と京葉方出発信号機。出発反応標識の大崎方が灯るとすぐに発車メロディが流れる(写真:大野 雅人)

大崎駅を離れ、りんかい線の地下ルートへと向かう70-000形(写真:大野 雅人)
大崎駅を離れ、りんかい線の地下ルートへと向かう70-000形(写真:大野 雅人)

東京メトロ有楽町線も接続する新木場駅。その東には、メトロ新木場車両基地があり、相直運転を行なう西武や東武、東急といった私鉄車両が顔をそろえる(写真:大野 雅人)
東京メトロ有楽町線も接続する新木場駅。その東には、メトロ新木場車両基地があり、相直運転を行なう西武や東武、東急といった私鉄車両が顔をそろえる(写真:大野 雅人)

新木場駅から内陸側にルートをとり東京を目指す京葉線の電車。その先には豊洲センタービル、シティタワーズ豊洲ザ・ツイン、ザ・トヨスタワーといったビル・マンション群が見える(写真:大野 雅人)
新木場駅から内陸側にルートをとり東京を目指す京葉線の電車。その先には豊洲センタービル、シティタワーズ豊洲ザ・ツイン、ザ・トヨスタワーといったビル・マンション群が見える(写真:大野 雅人)

天王洲アイルから芝浦方を眺める。りんかい線の地下ルートは写真の京浜運河の下を横切っている。その奥には新幹線大井基地回送線を行くN700系の姿(写真:大野 雅人)
天王洲アイルから芝浦方を眺める。りんかい線の地下ルートは写真の京浜運河の下を横切っている。その奥には新幹線大井基地回送線を行くN700系の姿(写真:大野 雅人)

りんかい線の本線と車庫線が地下で分岐する付近を眺める。新幹線大井基地回送線の手前は品川ベイサイド大規模プロジェクト(仮称)の工事現場(写真:大野 雅人)
りんかい線の本線と車庫線が地下で分岐する付近を眺める。新幹線大井基地回送線の手前は品川ベイサイド大規模プロジェクト(仮称)の工事現場(写真:大野 雅人)

京浜運河上から天王洲アイル方を眺める。りんかい線の地下ルートは、写真の東京モノレールの奥付近に並行して走っている(写真:大野 雅人)
京浜運河上から天王洲アイル方を眺める。りんかい線の地下ルートは、写真の東京モノレールの奥付近に並行して走っている(写真:大野 雅人)

東京モノレールから見える東海道貨物線と新幹線大井基地回送線。手前は芝浦水再生センター主ポンプ棟の建設工事現場と高浜運河(写真:大野 雅人)
東京モノレールから見える東海道貨物線と新幹線大井基地回送線。手前は芝浦水再生センター主ポンプ棟の建設工事現場と高浜運河(写真:大野 雅人)