PR

休止中の貨物線に保線係員の姿

りんかい線車庫(東臨運輸区)の周辺図。写真はりんかい線新木場駅2番ホームを離れる埼京線E233系。東京テレポートを出た大崎方面電車は、地下で車庫線から分岐するかたちで天王洲アイル駅へと向かう(写真:大野 雅人)
りんかい線車庫(東臨運輸区)の周辺図。写真はりんかい線新木場駅2番ホームを離れる埼京線E233系。東京テレポートを出た大崎方面電車は、地下で車庫線から分岐するかたちで天王洲アイル駅へと向かう(写真:大野 雅人)

 りんかい線の東京テレポートと天王洲アイルの間では「この先、電車が揺れることがありますので、ご注意ください」という車内アナウンスが流れる。電車が揺れる理由は、車庫へと続く車庫線から旅客線が分岐するかたちで線路が敷かれているためだ。

 分岐点は、品川ふ頭の地下でほぼ直角に曲がるカーブの途中にある。このため東京テレポートを出た大崎方面行き電車は、この分岐点上で緩やかなS字カーブを描く。一方、車庫線へと向かう電車は、大きく左にカーブし進路を南へとり、東京貨物ターミナルの東側(第3ふ頭公園前交差点付近)で地上へと顔を出す。

 この車庫線の地上部には、いまも「塩浜方」「田町方」という方向別表記が残っている。JR東日本の計画では、この車庫線の線増や一部修正などを予定している。将来の羽田空港アクセス線への準備か、りんかい線の車庫線のすぐ脇を走る東海道貨物線には線路状態を調べる保線係員の姿が複数あった。

京葉線新木場駅ホームから蘇我方を眺める。中央の2本がりんかい線へとつながる線路。府中本町駅行き電車(205系)が勾配を駆け下りていく(写真:大野 雅人)
京葉線新木場駅ホームから蘇我方を眺める。中央の2本がりんかい線へとつながる線路。府中本町駅行き電車(205系)が勾配を駆け下りていく(写真:大野 雅人)

第3ふ頭公園前交差点付近で見えるりんかい線の車庫線。奥の線路は現在、JR東日本東京支社技術訓練センターへとつながっている(写真:大野 雅人)
第3ふ頭公園前交差点付近で見えるりんかい線の車庫線。奥の線路は現在、JR東日本東京支社技術訓練センターへとつながっている(写真:大野 雅人)

りんかい線、東海道貨物線、新線で結ばれる羽田空港アクセスのイメージ。既存の京急線や東京モノレールと違い、海側からアプローチするJRのアクセス線は、国際線ターミナル側に終着駅ができる予定だ(写真:大野 雅人)
りんかい線、東海道貨物線、新線で結ばれる羽田空港アクセスのイメージ。既存の京急線や東京モノレールと違い、海側からアプローチするJRのアクセス線は、国際線ターミナル側に終着駅ができる予定だ(写真:大野 雅人)

首都高湾岸線の上を行く東海道貨物線の線路。写真右手には大井火力発電所、左手には野村不動産天王洲ビルなどの天王洲アイルのビル群が見える(写真:大野 雅人)
首都高湾岸線の上を行く東海道貨物線の線路。写真右手には大井火力発電所、左手には野村不動産天王洲ビルなどの天王洲アイルのビル群が見える(写真:大野 雅人)

首都高湾岸線を見下ろす。東京港トンネルの先には台場や臨海副都心のビルが見える。湾岸線の両脇では国道357号(湾岸道)のトンネル建設工事も見える(写真:大野 雅人)
首都高湾岸線を見下ろす。東京港トンネルの先には台場や臨海副都心のビルが見える。湾岸線の両脇では国道357号(湾岸道)のトンネル建設工事も見える(写真:大野 雅人)

写真左から技術訓練センター、東海道貨物線、新幹線大井基地回送線。右奥には2015年3月に開通する首都高中央環状品川線の大井ジャンクションも見える(写真:大野 雅人)
写真左から技術訓練センター、東海道貨物線、新幹線大井基地回送線。右奥には2015年3月に開通する首都高中央環状品川線の大井ジャンクションも見える(写真:大野 雅人)

東京貨物ターミナル駅(左)と新幹線大井車両基地(写真:大野 雅人)
東京貨物ターミナル駅(左)と新幹線大井車両基地(写真:大野 雅人)

「検査」「転削」「洗浄」といった表示があるりんかい線車庫(東臨運輸区)。この線路の上を旅客列車が走る時代はやってくるか(写真:大野 雅人)
「検査」「転削」「洗浄」といった表示があるりんかい線車庫(東臨運輸区)。この線路の上を旅客列車が走る時代はやってくるか(写真:大野 雅人)

暫定駅を空港島内に設置した場合のアクセス新線計画イメージ(資料:JR東日本)
暫定駅を空港島内に設置した場合のアクセス新線計画イメージ(資料:JR東日本)