PR

<2020年に向けて>

■コンパクトシティ:今後は、都市機能の集約が必須。既存の人や施設を動かす魅力的なビジョンを提示することは、建設業界のミッションになる。

■ストック活用:空き家を資源ととらえる前向きな視点が求められる。土木構造物の維持管理・補修をやりがいある仕事にする技術や工夫も必要。

■安全・安心:建築基準法が定める最低限の耐震基準だけでよしとせず、高リスク地域などに向けた基準や、分かりやすい評価・表示の仕組みづくりを。