PR

●製品名:防風板付フラットフード

 松下エコシステムズの100%子会社であるベンテックが開発した、壁から離れるように斜め方向に排気できるステンレス製の換気用ベントキャップ。フードが2層になっており、排気管内部に組み込んだ円すい型のフードを囲うように襟巻き板を設けた。一般的な防風板付きフードのように、排気が防風板に反射しないので壁面が汚れにくい。


 高層マンションなどで発生する吹き上げ風が室内へ入り込むのも軽減できるので、省エネにもつながる。同社によると、下斜め45度から風速20mの外気が室内側にどの程度吹き込むかを測定したところ、丸型フードと比較して外気吹き込みを約3分の1に抑えられることがわかった。

 防風板と本体部が分離できる「2ピース構造」にしているので、フード内部の防虫網の掃除などメンテナンスが簡単にできる。半抜き穴の採用によって、ネジ止め施工も可能になった。また、正面から見たときにコーキング部分が防風板に隠れるので、見栄えもすっきりとする。コーキング作業に神経を使う必要もなくなる。

 接続径は100mmと150mmの2タイプをそろえた。防虫網とガラリを防風板に取り付けることもできる。価格は、接続径100mmでガラリ付きの場合、6720円。6月1日から発売する。


問い合わせ:ベンテック
電話: 0568-81-0510