PR

●製品名:REGIO(レジオ)

 トイレ本体をソファに見立てた新シリーズ。出かける前などに身だしなみを整える“ドレッシングルーム”に設置するトイレとして提案する。陶器では出しにくい「つや消しのノーブルブラック」と「つやを出したブリリアンホワイト」の2色を新しく開発。陶器の質感を生かしつつ、ドレッシングルームになじむようにした。

 座り心地とデザインを追求した便座は、スクエア形状を採用した。奥行きは従来のタンクレストイレと同じで、幅を持たせている。太ももが当たる部分にわずかな凹みが付いているのでフィット感が増し、長時間座っていても疲れない。6月1日から発売。3月17日から5月30日まで行っている先行予約について、経営企画部広報室の大越聡さんは「予想以上のご予約を頂いている」と話す。

 空気と水の力で洗い流す「エアドライブ方式」を採用した。バブルユニットで水流を、エアドライブユニットで空気を制御しながら便器を洗浄する。寝室の横に置いても洗浄音が気にならないという「サイレントスリーム洗浄」も採用した。従来のサイホン便器が水の力を制御して排出するのに対して、鉢面に洗浄水を流し、空気の力で吸引して汚物などを排出できるので、洗浄音がうるさくない(下の図を参照)。


 リラックスできる空間にするために、本体背面のスピーカーから壁に反射するようにして音楽が流れるようにした。ジャズピアニストの木住野佳子(きしのよしこ)さんとのコラボレーションによるものだ。そのほか、銀イオンによって最近の繁殖や汚れ、においを軽減できる「ハイパーキラミック」や、水あかの原因になるケイ酸の固着を防ぐ「プロガード」、便器底のゼット口から出る洗浄水をなくし、100%上部から洗浄水を流すことで年間1万2000円の節水になる「ECO6」などの機能も標準装備している。

 サイズはW460×H625×D790mm。質量は約70kg(機能部が約20kg、便器部が約50kg)。使用水道圧範囲は0.05~0.75MPa。洗浄水量は大洗浄で6リットル、小洗浄と男子小洗浄は、いずれも5リットル。

 価格は、写真上と写真左下のノーブルブラックの場合、55万6500円。写真右下のブリリアントホワイトの場合、46万2000円。いずれも一般地用の床排水タイプで、施工費などは含まない。


問い合わせ:INAX
電話:0120-1794-00