PR

●シリーズ名:エコヌクール ピコ

 開放型のヒートポンプ式温水床暖房システム「エコヌクール ピコ」に新型の熱交換ユニット「VEH-406HCA-k」を加えた。これまで交流(AC)を使用していた送湯用のポンプを直流(DC)に改良することによって、空調負荷に応じて送水温度を自動的にコントロールできるようにした。ノッチ制御によって送水温度をコントロールする際に発生する放熱ロスを減らすことができるため、ランニングコストの削減にもつながる。エネルギー消費効率を6.9%(仙台の場合)~10.7%(大阪の場合)改善した。


床暖房システムの一例


従来品(VEH-406HCU-k3)とランニングコストを比較した。基本料金は含まない 資料:三菱電機

 送水温度は、通常の55℃設定に加えて「60℃設定モード」を搭載した。ガスボイラーに近い高温送水ができるようになった。リフォームにもスムーズに対応可能だ。

 サイズは、W430×H370×D230mm。重さは12kg。容積を16%、重さを20%削減してコンパクト化・軽量化を実現した。また、熱交換ユニットと室外ユニットを分離しているので、スペースに合わせて最適な配置ができる。価格は、23万1000円。


問い合わせ:三菱電機
電話:0120-139-365