PR

●製品名:E-CORE(イー・コア)60 調光タイプ

 高効率LEDダウンライト「E-COREシリーズ」に、全点灯で60W白熱灯器具と同等の明るさになる調光タイプ4機種を加えた。調光器「FLコントルクスPD」と組み合わせることで、明るさを0%から100%まで連続して調光できる。効率重視タイプと演色性重視タイプの2種類に、それぞれ白色相当LEDと電球色相当LEDを用意した。

 電源ユニットや調光回路を内蔵しながら、サイズをコンパクトにした。埋め込み穴は直径100mm、埋め込み深さは105mmになっている。インバーター式蛍光灯器具と同じ4線調光方式を採用しているので、既存のシステムから簡単に切り替えられる。既設の埋め込み穴に対応する直径125mmと150mmの「リニューアルプレート」と、光を拡散させる「拡散カバー」をオプションで用意した。

 同社は、2010年度中をめどに一般白熱電球の製造を中止して、省エネタイプの製品に置き換えて行く。E-CORE60 調光タイプの効率重視タイプは同社の60W形白熱灯器具(60W形ミニクリプトンランプ使用)と比較した場合、消費電力は8.3Wで約6分の1になる。年間で3000時間点灯した場合、CO2排出量は約84%削減可能だ。寿命は4万時間で、約20倍になるため、ランプの交換の手間を軽減することもできる。

 効率重視タイプ(白色相当:LEDD-66007W-LD1、電球色相当:LEDD-66007L-LD1)の価格は、3万7800円。演色性重視タイプ(白色相当:LEDD-66008W-LD1、電球色相当:LEDD-66008L-LD1)の価格は、3万8850円。調光器「FLコントルクスPD(DF-70162-PD)」は、3万6540円。


問い合わせ:東芝ライテック
●「E-CORE60調光タイプ」について
施設・屋外事業部 LED企画部
電話:03-5463-8539
●調光器「FLコントルクス PD」について
施設・屋外事業部 施設照明部 特機システム担当
電話:03-5463-8780