PR

●シリーズ名:アビテックス セフィーネII

 組み立て型防音室「アビテックス セフィーネII」のボックスタイプをリニューアルした。マンションへの設置を考慮し、床部分の構造を改良して遮音性を向上させた。防音室の床部分に新たに遮音床パネルを張り合わせた。防音室を支える鉄製の床フレームと低床の間には防振ゴムを取り付けている。床底と防音室のすき間に吸音材も追加した。

 音場パネルの表面は曲線になるように改良した。ボックス内の音の響きを均質に調節する。コーナー用の音場パネルを新たに開発。小型ボックスタイプの防音室で発生しやすい「こもり音」も抑えらる。

 パネルをワンタッチで連結できる金具を採用した。これまでのビス止め方式と比べると、組み立てにかかる時間が短縮できる。

 従来品ではオプションだった室内の照明も標準装備している。広さは、0.8畳、1.2畳、1.5畳の3種類から選べる。遮音性能はDr-35とDr-40の2タイプを用意した。

 ラインアップの見直しと、ルームタイプと部材を共通化することでコストを削減し、価格は従来品と比べて約10%抑えた。価格は、70万3500円から。写真の1.5畳タイプの場合、157万5000円(遮音性能はDr-40)。組み立て費などは含まない。


問い合わせ:ヤマハ
電話:053-460-2605