PR

●製品名:ペット快適専科

 消臭機能などを加えたペット共生住宅向けのクッションフロア。表層に練り込んだ消臭剤が、アンモニアや硫化水素などのにおい成分を吸着する。表層を一般のクッションフロアの約2倍の厚さにすることで、引っかき傷などがつきにくくした。厚さは2.3mm。適度なクッション性を持たせているので滑りにくく、ペットの関節への衝撃も少ない。

 サンゲツのマーケティング課広報の寺澤さんは「ペットを飼っている住宅に対応できる製品を要望する声は、ショールームなどにも多く寄せられていた。その都度、代用できる製品を提案してきたが、今回はペット共生のライフスタイルに合わせて製品を開発した」と話す。また、一般のビニル壁紙に比べて約10倍の表面強度を備える「スーパー耐久性壁紙」と併せて使うことで、ペット共生住宅により適した空間づくりができるという。

 カラーは無地系2色、木目調2色の計4色をそろえた。価格は1m2当たり3850円(税別)。

 なお、同製品は、住宅用クッションフロアやコルクタイル、防滑性フロアなどを収録した見本帳「2008-2010 H-FLOOR 住宅用フロア」に収録している。収録製品は計297点で、7月9日から販売を開始した。ペット快適専科のほか、階段用の防滑性床シート「ノンスキッド・ステップ」やマンションの開放廊下向けの防滑性フロア「ノンスキッド」などを大幅に拡充した。同社ホームページ内のオンラインカタログ「デジタルブック」でも公開している。

 また、サンゲツは今回の見本帳の改訂と合わせて7月9日から価格を改定した。値上げの理由は原油価格高騰によって製造原価が上昇したためとしている。対象製品は、住宅用クッションフロア、ノンスキッドフロア、コルクタイル、ビニル巾木。値上げ幅は約10%だ。見本帳の種類や新旧は問わない。


問い合わせ:サンゲツ
電話:052-564-3111