PR

●製品名:USS SMART7

 2008年2月に販売を始めた指紋認証ドア制御システムに、日時やID番号、認証結果などの入室履歴を管理する機能を追加した。電池式の指紋認証ドア制御システムに入室履歴管理機能を組み込んだのは初めて。

 パソコンに入室履歴管理機能のソフトウェアをインストールして、専用のUSBケーブルで指紋認証ドア制御システムの機器と接続する。最大4000件の入室履歴を管理できる。既にシステムを導入済みのユーザーも、入室履歴管理機能の追加は可能だ。

 指紋認証ドア制御システムには、非接触タグでも認証できる機能が組み込まれている。指紋、非接触タグ、両者併用の3通りの認証機能も選択できる。国内メーカーの錠前がそのまま使える。直流6VのACアダプターもオプションで用意した。

 オープン価格。指紋認証ドア制御システムの機器本体と入室履歴管理機能のソフトウェア、専用のUSBケーブ1をセットで販売する。


入室履歴管理機能の画面(資料:ユナイテッド・セキュリティ・システムズ)
入室履歴管理機能の画面(資料:ユナイテッド・セキュリティ・システムズ)

問い合わせ:ユナイテッド・セキュリティ・システムズ
電話:03-3297-7821