PR

●製品名:新「スイ~とホーム ジュニア」

 省エネ性と乗降時の安全性を向上させた省スペース型のホームエレベーター。使用してから約3分後に自動で省エネモードに切り替わる。従来品に比べて待機電力を66%削減できるようになった。消費電力とCO2排出量は、いずれも54%削減する。1日20回利用した場合で、月額の電気代は350円で済む。

 乗降口の足元部分(床面上10mmから1280mmの高さ)に非接触型センサーを54本配置した。子どもから高齢者まで幅広い利用者を考慮し、安全性を向上させている。また、乗場ドアと乗場ユニット枠、敷居のすき間に気密材を取り付けた。火災時の煙の広がりを防ぐ。

 従来品よりも昇降路の間口寸法を30mm縮小した。畳1枚に収まるサイズ(約0.4坪)なので、家の間取りに合わせた配置ができる。出入り口の間口は800mmとワイドな設計になっていて、布団や洗濯物を抱えていてもスムーズに乗り降りができる。

 挟まれ防止センサー、停電灯、乗りすぎ防止装置などを標準装備した。停電時はバッテリー運転もできる。メンテナンス会社との保守契約をすることで、遠隔監視システムも利用できる。オプションとして、地震時管制運転や、防火シャッターの連動運転、音声アナウンスなどがある。

 ロープ式で、定員は2人。サイズは、昇降路の間口が1670mm、奥行きが790mm。 ルーム内の間口が1000mm、奥行きが610mm、高さが1900mm。工事費込みの価格は282万4500円から。


問い合わせ:三菱日立ホームエレベーター
電話:0120-345594