PR

●製品名:四季の壁

 庭木として植えられることの多いサツキツツジを植栽に利用した壁面緑化システム。サツキツツジは、常緑樹なのでCO2の固定量や大気浄化能力が高く、緑化に適している。日陰でも生育する性質を持っているので、場所を問わずに設置が可能だ。4月下旬から6月初旬頃までは白やピンク色の花が楽しめる。ただし、乾燥障害には弱く、メンテナンスが難しいとされていた。今回、貯水槽付きのプランターを開発することでこの問題を解消した。

 水やりは、標準装備した自動かん水コントローラーで行う。各プランターの貯水槽に一定量のかん水が可能で、節水にもつながる。施工は、サツキツツジを植え付けたプランターを、支柱にセットするだけで済む。高さは、最大で3500mm(植栽を含む)まで対応する。価格は、1m2当たり10万4790円。


システムの構造(資料:共同カイテック)


「四季の壁」の施工例(写真:共同カイテック)

問い合わせ:共同カイテック
電話:03-3409-2388