PR

●製品名:マジックスクリーンガラスパーティション「MGP」

 通電すると透明に変化する特殊ガラスのパーティション。非通電時に15~20%だった光の透過率が、通電後には80~85%まで高まる。曲面ガラスのタイプもラインアップしており、直線タイプと組み合わせることで、自由なレイアウトが可能だ。

 電極を付けた液晶フィルムを、接着剤役の中間膜でフロートガラスにラミネートした、合わせガラス構造を採用した。通電すると液晶の粒子が均一になり、光が透過しやすくなって、透明になる仕組みだ。非通電時は白濁するのでプロジェクターなどで投影することもできる。

使用例。左は通電して透明、右は非通電で不透明の状態(写真:岡村製作所)
使用例。左は通電して透明、右は非通電で不透明の状態(写真:岡村製作所)

 大きさは、直線タイプが幅792~992mmで、曲面タイプ(Rガラス)が幅707~943mm。高さはともに1800~3000mm。曲線タイプには、半径の違う5サイズを用意した。1/4円弧をパネル2枚で構成する900Rと1200 R、3枚で構成する1800 R、4枚で構成する2400 R、5枚で構成する3000 Rだ。組み合わせて使うことが前提なので、すべてのサイズを小さく設定した。

 基本構成は、ガラスのパーティションとコントロールユニット、AC電源の3点。コントロールユニット1台で25m2(約10枚)のパーティションを制御する。設計価格は、パーティションが直線タイプのみの場合が38万~45万円。曲線タイプのみの場合が55万~60万円。混在する場合はその中間の価格が目安になる。岡村製作所は、2009年4月からの1年で、約1億円の売上を見込んでいる。オフィスや医療施設、商業施設などを主なターゲットに据えている。

直線タイプと曲線タイプを組み合わせた通電時(透明状態)の使用例(資料:岡村製作所)
直線タイプと曲線タイプを組み合わせた通電時(透明状態)の使用例(資料:岡村製作所)

問い合わせ:岡村製作所
電話:0120-81-9060