PR

●製品名:楽浴楽座(らくよくらくざ)

 浴室にベンチを取り入れたユニットバス。高齢化に配慮し、人間工学的見地から設計した。ベンチを浴槽と平行に設置した浴槽対面型のI型と、ベンチを浴槽脇に設置したL型がある。I型は、ベンチに座ってミスト浴をしたり、テレビを見たりでき、浴室のリラクゼーション機能を高めたプランだ。L型は、ベンチを浴槽に入るときの移乗にも使える。身体機能が変化しても自立した入浴を永く維持できる。また、生活スタイルや年齢、体力に応じて、I型からL型に改装もできるようにした。

 2方向開口システムを新たに取り入れることで、浴室を核とした住宅の空間プランニングの自由度を高めた。幅広い世代から受け入れられるよう親しみやすく、わかりやすいデザインにした。2008年度グッドデザイン賞を受賞している。

 価格は、149万円から。2009年1月15日から販売する。


浴槽と平行にベンチを設置したI型の施工例

問い合わせ:積水ホームテクノ株式会社
電話:03-5331-2639

<訂正> 初出時に、「製品は、ジャンクソン社と共同開発した」と記述しましたが、共同開発したのはこの製品に関連したシリーズ製品でした。従ってこの一文を削除します。発表資料にあいまいな表現があったとの申し入れがあったので訂正します。(2008年11月17日17時50分)