PR

●製品名:グラッとシャット

 震度5強相当以上の揺れを感知するとコンセントの電源を自動的に遮断するシステム。東京電力とアドソル日進が共同開発した。システムは、感震センサーと電源遮断装置で構成する。それぞれをコンセントに差し込むだけで使用できるため、取り付け工事は不要だ。電源遮断装置だけを増設することもできる。

 感震センサーが揺れを感知すると、無線で電源遮断装置に通知する。電源遮断装置は同じコンセントを使っている電気器具の通電を遮断する。電気火災が発生する危険のある電気器具だけを遮断装置が付いたコンセントにつないでおき、照明や医療機器など震災時にも必要になる機器を別のコンセントにつないでおけば、支障がない。

 遮断しているかどうかは、LEDの光と音声で表示する。停電時には感震センサーに内蔵した照明が点灯するため、非常用照明としても使用できる(ただし、別途コイン形リチウムイオン電池が必要)。

 サイズは、感震センサーがW74×H126×D39mm、電源遮断装置がW75×H75×D27mm。価格はセットで1万1970円。電源遮断装置単体は5880円。


設置イメージ。写真左が感震センサー(グラットくん)、写真右が電源遮断装置(シャットさん)

問い合わせ:アドソル日進
電話:03-5796-3014