PR

●製品名:家庭用蓄電システム「エネ・パックミニ」

 2004年の発売から累計で約1200台を販売している蓄電システム「エネ・パック」を、一般家庭で導入しやすいように小型化したモデル。製造は正興電機製作所(福岡市)が手がけた。建材商社の高島が販売する。サイズはW700×D300×H1220mm。重量は270kg。従来品と比べると重量は約230kg軽量化し、機器本体の幅は半分以下にした。

 蓄電容量は5kWh。1日当たり最大3.3 kWhの使用が可能だ。200Wのテレビと冷蔵庫、100Wの照明を同時に約6時間使える電気量に当たる。停電時には、制御装置によって蓄電池から自動的に電気を供給する。オール電化住宅などの非常用電源として活用できる。

 価格は89万2500円。1年間のメーカー保証が付く。別売のAC/DC変換機能付きのソーラー充電器(約30万円)を使えば、太陽光発電モジュールと接続が可能。消費量を上回った太陽光発電による電力を蓄電することもできる。2009年3月から販売を始める。


問い合わせ:高島
電話:03-3567-0757