PR

●製品名:玄関収納newRIIIシリーズ(開戸ユニット)

 天板や固定棚、カウンターの下面に調湿建材「さらりあ~と」を採用した、湿気と臭気をとる玄関収納。1997年に販売を開始し、2005年8月にリニューアルした「玄関収納newRIIIシリーズ」の標準仕様にした。

 大建工業によると、玄関収納とほぼ同じ大きさの収納庫に製品とほぼ同じ量の「さらりあ~と」を使って、実験庫内で吸湿性能を測定。湿度約100%の状態から40分間で70%以下まで低減することを確認した。調湿建材を使用しなかった場合は、40分経過した後でも湿度90%を超えたままだった。また、小型密閉容器を使った消臭性能試験も実施。ペット臭のトリメチルアミンや靴に残る臭いのイソ吉草酸などの原因物質を、8時間で約80%取り除くことができた。

 扉のデザインは、フラット縦木目、縦框、カマチのほかに、新たにフラット横木目を加えて計4タイプになった。扉の開閉部は、プッシュオープン仕様の「ハンドルレスタイプ」を追加。ミラー扉は、392×1677mmの「全面ミラー」に変更した。施工方法は、床置きの「セットオン」と、壁面に固定して床面から浮かせる「フロート」が選択できる。

 天袋や下部収納、シューズ収納などで構成する1セット(幅1600×高さ2035mm)の価格は、フラット横木目タイプ(ハンドルレスタイプ)のフロート施工の場合、23万7405円。オプションとして、ベンチユニットを6万9720円、トランクユニットは4万5045円から5万7645円、ペットユニットは2万6250円、扉内面ミラーを1万7850円で用意している。発売から1年で約27億円の売上を見込んでいる。


問い合わせ:大建工業
電話:06-6452-6000