PR

 防犯対策を施した製品を高価格帯だけでなく、普及価格帯にも広げる。トステムはそうしたマーケット戦略に本腰を入れ始めた。電気式のカギを組み込んだ玄関ドアや、鍵の位置が外部からわからないサッシ――など、侵入されにくくするための防犯建材を相次いで市場に投入している。

 同社は、一度の操作で2つのカギを施解錠できるICカードキー「CAZAS(カザス)」を搭載した玄関ドアの販売を2005年から始めた。CAZASは、一方のカギを解錠して約20秒以内にもう一方も解錠しないと自動で再度施錠する、ピッキング対策を施した電気錠だ。これまでCAZASを標準装備した玄関ドアは70万から80万円クラスが主流で、30万から40万円クラスの製品ではオプション扱いだった。それを2008年11月から、はじめて普及価格帯の玄関ドアにも標準装備した。

 CAZASの使用例。ICカードキーを使って解錠する(写真:トステム)
CAZASの使用例。ICカードキーを使って解錠する(写真:トステム)

 断熱玄関ドアの「フォラード CAZAS リミテッド」がそれだ。モダンや和モダンなど、ドアのデザインを5種類だけに絞り込んで製造コストを抑え、販売価格を引き下げることに成功した。「次世代省エネルギー基準」の地域区分の関東以南(IV地域)に適合するk4仕様と、南東北(III地域)に適合するk3仕様を用意した。価格は、k4仕様が35万3850円。より断熱性が高いk3仕様が37万3800円だ。デザインによる価格差はない。侵入手口に対して5分以上の抵抗性能を有する「防犯建物部品(CPマーク)」の認定を申請中だ。

 CAZASを標準装備した「フォラード CAZAS リミテッド」(写真:トステム)
CAZASを標準装備した「フォラード CAZAS リミテッド」(写真:トステム)

 既設のドアの枠を残しつつ、上から新しい枠などでカバーして、CAZAS対応の新しい玄関ドアを取り付けることができる製品も11月から販売を開始した。カバー工法のリフォームドア「リシェント」だ。ドアの交換時に必要だった外壁を壊してモルタルで埋めなおすなどの費用が、同製品では不要になる。数日かかっていた工事も、1日で済ますことができる。工事費を抑えることで、導入しやすくした。

 対応する玄関ドアの枠のサイズは、幅が714~1847mm、高さが1741~2441mm。欄間付きのドアの場合は、高さが1954~2600mmまで対応する。価格は、19万6350円から57万6450円。プラス5万2500円でCAZASに対応したドアにできる。また、リフォーム用のドアでは初めて木目調の枠をラインアップに加えた。

「リシェント」の施工例。左がリフォーム前、右がリフォーム後(写真:トステム)
「リシェント」の施工例。左がリフォーム前、右がリフォーム後(写真:トステム)

 一方、クレセントを縦框の内部に収納した機構「CAKUS(カクス)」を標準仕様にした防犯サッシも市場に投入する。2009年1月1日から販売を開始する「CK障子」だ。CAKUSは、これまで住宅用の全開口サッシなどの高価格モデルに標準装備していた。製品への装備が始まったのは2007年。当時は、トステムの引違いサッシのラインアップの約1割程度を占めるに過ぎなかったが、CK障子の開発によって、約8割の製品がCAKUS対応となる。

 CAKUSは、侵入者がガラスを破っても鍵の位置を特定できないようにした。室内側に錠を見えなくするカバーを設け、デザイン性を向上させた。対象は、アルミと樹脂の複合サッシ「シンフォニーウッディ」「シンフォニーマイルド」と、複層ガラス対応のアルミサッシ「デュオPG」だ。これらのサッシの動く戸の部分がCK障子となる。

 価格は、2枚建ての場合が標準ガラスの価格に2万6250円をプラス。4枚建ての場合は標準ガラスの価格に5万2500円がプラスされる。幅1690×高さ2030mmで、半外付型のCK障子の場合、「シンフォニーウッディ」では11万2665円、「デュオPG」では、8万7045円だ。ガラス代、組立費、運搬費、工事費などは含まない。

 CAKUSに対応する「CK障子」(写真:トステム)
CAKUSに対応する「CK障子」(写真:トステム)

 同社が販売する玄関ドアのうちCAZASの採用率は、2005年が約5%だった。2007年には約15%に増え、2008年は約30%に達する見込みだ。普及価格帯の製品へCAZASを投入することで、さらなる採用率アップを狙うという。また、引違いサッシのうちCAKUSの採用率は、2008年が約10%。2011年の目標は50%に据えている。

<追加情報>初出時に、「侵入手口に対して5分以上の抵抗性能を有する「防犯建物部品(CPマーク)の認定を申請中だ」と記述しましたが、メーカー側は認定申請を見合わせました。(2009年1月6日12時00分)

問い合わせ:トステム
電話:0120-126-001