PR

●製品名:ひかりゆか

 FRP(繊維強化プラスチック)面格子を用いた木造住宅向けの透光型水平構面補強材。通風や採光を確保しながら、水平構面の補強ができる。吹抜け空間や階段室の補強材として使える。床倍率は3.0で、厚合板を用いた水平構面と同等の剛性を備えている。軽量なので施工は人力で可能。新築からリフォームまで対応する。

 透光型の木造住宅用耐力壁「ひかりかべ」を2006年1月に発売した。その後「採光や通風ができる強度部材として床面にも応用できないか」という声が寄せられ、開発した。

 価格は、サイズ786×1686mm、厚さ30mmの場合で12万6000円/枚。コマ金物、専用コーチ、専用ビス付き。木製受け材や仕口の接合金物などは含まない。


問い合わせ:AGCマテックス
電話:042-772-1159