PR

●製品名:ピッチライン割付チョーク100/150

 割り付け用のピッチライン(点線)を打つためのチョークライン。ボード張りの作業などでビスや釘を打ち込む位置を指定するのに使う。直線を引くチョークラインと同様に、糸を張って弾いてチョークを転写する方法でピッチラインを打つことができる。コンベックスなどを当ててチョークや鉛筆で一つ一つ点線を打っていた手間が軽減できる。

 よりのないナイロン糸に等間隔で幅10mmの起毛加工を施した。起毛した個所にだけ粉チョークを付着させることで、一定のピッチで点線を打つことができる。起毛加工を施さないよりのないナイロン糸の部分には粉チョークは付着しない。糸の加工法は特許出願中だ。

 ピッチの間隔は、100mmと150mmの2タイプを用意した。ともに糸の長さは9m。一度の作業でピッチが打てる長さは最長7m。糸は自動巻き取り式。重量は160gだ。価格は3780円となっている。


問い合わせ:TJMデザイン
電話:0120-125577