PR

●製品名:hairo(はいろ)

 子どもとの入浴を想定して開発したシステムバスルーム。小学生以下の子どもを持つ親に「生活感アンケート」「おふろアンケート」を実施し、1000人の有効回答を元に機能を盛り込んだ。床や浴槽での転倒を防止するため、表面に連続する楕円形の溝を付けた。アンケートでは「洗い場で子どもがすべる」「浴槽で子どもがすべる」と心配する親が、それぞれ63%と62%もいた。また、浴室を保温材で覆い、体を拭いている間も室内が温かく保てるようにした。「体を拭くとき子どもが冷える」(86%)、「子どもの体を拭くとき自分も冷える」(72%)との声を反映した。

 洗い場で子どもと向かい合える「フリーテーブルプラン」も用意した。62%の回答者から「子どもから目が離せない」という声が寄せられたためだ。親は、子どもの様子を確認しながら体や髪を洗える。子ども用のおもちゃなどをしまえるように収納パネルも装備した。パネルは取り外して移動できるので、用途や子どもの成長に合わせてフレキシブルに利用できる。そのほか、カウンターがつくり付けてあるスタンダードなプランもある。

 サイズは、1621型、1616型、1216型がある。価格は、写真の1616型のフリーテーブルプランの場合、103万2150円。2009年3月から販売する。


問い合わせ:クリナップ
電話:03-3810-8216